見直されるプレハブ住宅

 プレハブ建築のメーカーは最近実にめざましい発展を続けています。プレハブには、あらかじめ作るという意味があります。
 サッシや各種の部材がレディーメード化されています。少しずつ今日では、オーダーメードとプレハブの区分がはなはだ難しくなっています。
 プレハブ建築がなぜ伸びているかということになるといろいろの要素があり、これだけで一冊の本になるぐらいの理由があります。ここで全部列記することはむずかしいが、その要点だけを記してみると次のようなことがあげられます。まずプレハブ建築は、商品を目で見て実物をたしかめて買うことができるということです。もちろん、自分でプレハブ建築のすべて見学できるものではないが、少なくとも見本だけは見ることができます。一般に住まいを建ててもらうのには、図面だけで値段を決めることになります。しかし、素人には図面を見ても実際どんなものができるのか見当がつきません。もし、仮にある程度見当がついたとしても、業者の良し悪しによってとんでもない出来、不出来があります。もちろんプレハブメーカーもほとんどのメーカーは下請けに出してしまっているところが多いので、これも出来、不出来はあります。しかし、プレハブの場合は材料がプレハブメーカーから支給されるので、材料の良否まではあまりありません。ほとんどが目でたしかめたのと同じような製品が出来上がって来るということです。

スポンサーリンク

 次に価格ですが、比較的価格が安定しているということでしょう。別にプレハブは一個建て住宅に比べ安いわけではない。むしろまだ割高といった方が適切かも知れません。しかし、一個建て住宅のときには、必ずというくらい追加工事というものが出るし、場合によっては一割ですめばよく、悪徳業者にかかったらちょっとした工事でも、何割も増して追加工費をとられることがあります。それに比べるとまだプレハブの方はそういうことは少ないといえます。次に製品の均一化が期待できることは有り難い。プレハブの場合はもちろん工場で部品を生産するので、材料の均一化ということは、一品生産に比較し、一段と高いレベルのものが期待できます。ただし、全製品が同じものであるため、ある一部分だけそれ以上のものを望むということは難しいことにもなります。
 プレハブメーカーにも大小さまざまありますが、やはりプレハブ化するためには大量生産しなければそのメリットはなくなります。大量生産するためには、弱小メーカーでは立ち行かない。そのためプレハブメーカーはいきおい大手メーカーでないと成り立たない。プレハブの普及はさらに信頼度を高くすることになる。大量生産し大量販売するには、宣伝が必要です。大量に売れれば宣伝も大きくできる。さらにほとんどのプレハブメーカーは、銀行と提携し、長期返済、いわゆる割賦方式をとっています。割賦方式は、銀行の信用と、購入しやすいことで一挙両得です。これに輪をかけて最近の木材の値上がりと、労賃の値上がりです。それによってオーダーメードの住宅と、プレハブ住宅の価格の差はますます少なくなってきています。
 このようなことからプレハブメーカーでないメーカーまでプレハブと称して、売り出しているものもあるが、プレハブ住宅を購入する場合には、製品をよく見てほんとうによいかどうか十分検討を加えてから、手つけを打つべきです。ここではプレハブの利点ばかり述べてしまいましたがプレハブにも欠点もたくさんあります。それとプレハブの場合はその工事のほとんどを下請けに出すことが多いので、できたらその下請けの良し悪しまで一応調べておくとさらによいでしょう。

住まい暮らし生活
建設業者をどうやって選ぶか/ 有名な建築家に家の設計を頼むのは得か損か/ 見直されるプレハブ住宅/ 中高層住宅では流産しやすい/ 障害者や老人の住める街づくり/ 家を建てるときに一番気をつけなければならないこと/ 家も住む人とともに成長する/ 家造りは伴侶を選ぶのと同じ/ いい家を造るコツ/ 共通の室、リビングルーム居間/ リビングキッチンのおかげで台所が日の目をみるようになった/ 室内にはこんな配慮がほしい/ 楽しい食事の雰囲気をつくるには/ 台所は家の中の工場/ 台所はどの方位が一番良いか/ 働きよい台所を造るには/ 配膳棚と戸棚の設計/ 寝室の独立は生活の進歩/ 欧米の寝室には浴室がついている/ ダブルベットはこんなときには具合がわるい/ 寝苦しい夏の夜を涼しく過ごすための窓/ 和室の場合の寝室/ 居室の照明/ 便所の眺めは体に作用する/ 和式、洋式便器の一得一失/ 便所の造り/ 子供のための部屋/ 子供部屋の広さと方向/ 子供部屋の室内/ 部屋の集まり/ 家の中廊下/ 日本の風土や生活に適合した家/ 木造と補強コンクリートブロック造の長所と短所/ 鉄筋コンクリート造の長所と短所/ 鉄骨造の長所と短所/ 屋根と外装/ 床と天井/ / 近所の人に土地の住み心地を聞いてみる/ 北下がりの土地は買うべきでない/ 地下水と土質/ 日本の風土に合った昔の家/ 田舎家の夏/ 夏と現代の住まい/ 南側の庇は家造りのポイント/ 冬の住まい/ 住まいの暖房/ 暖気と換気、隙間風の防ぎ方/ 保温と暖房/ 暖房のための熱源/ 都市の中心部から閉め出される独立住宅/ 住宅のアパート化/ 高層住宅での生活/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク