家の中廊下

 東京あたりの中流住宅に中廊下式がはじまったのは、たしか大正の中頃からではないかと思います。それまでの日本のすまいは、家の外周をとりまく縁側が廊下の代用をし、そのため現在でも、廊下と縁側なる二語がよく混同されますが、いうまでもなく廊下は屋内の交通路、縁側は室の外部へ向っての延長です。
 廊下本来の意味からすれば、最短距離ですむ中廊下が最も能率的で、伝統的な洋風住宅はその式によるのを本来とした。中廊下ゆえに、部屋の独立性は完全に保たれていたのです。わが国に中廊下式の成長したのは、要するに家に対する欧米風の考え方が普及しはじめたということです。

スポンサーリンク

 昭和十年頃できた同潤会の分譲住宅のプランでは、当時の家に対する考え方がきわめてはっきり分かります。それは伝統的な和風住宅とかけはなれ、中廊下を用いて室の独立性をはかる一方、在来の畳の室を主体にしている。また、旧来の家では、最良の場所を御座敷なる日頃不用の室にあてていたのに、この時代にいたると、居間、茶の間といった生活の中心部に最もよい位置を与えています。その他、在来の家で虐待され勝ちだった台所や浴室等にも建築的な考慮の加えられ出したこと、かつて家の一隅に押しやられていた便所が、もっとも便利な位置に配置されるようになったことなど、この時代における住宅の進歩には見るべきものがあるのです。
 もちろん、中廊下式の家はいいことばかりでない。その欠点をあげると、
 (一) 南から北への通風がわるくなり勝ちのこと。
 (二) 室を独立させることで、和風住宅独得の転用性がとぼしくなったこと。
 (三) 坪数の多い割に、室が何となくせせこましくなること。
 などです。
 この時代の家には、家の中心部に八畳六畳の二間つづきをとり、その一方を居間、も一方を茶の間と称するのが多かった。茶の間は食堂兼居間、居間と名のつく方の室は客間兼寝室で、床の間などがしつらえてありました。そのつかい勝手はきわめて曖昧で、どうも便利とも合理的ともいうことはできないのですが、旧来の和風住宅から現代住宅への過渡的な姿として考えると、興味深いプランということができます。
 当時は、洗濯機などもちろんなく、冷蔵庫のある家庭も数少く、それも氷でひやす式のものが普遥でした。
 それについて思い出すことがあります。その頃、すでに電気冷蔵庫は発売されていましたが、当時の物価からするとべら棒に高価なもので、そんな金をかけるくらいなら、その金を貯金してその利子で氷を買った方がはるかに経済的だ、という算盤をはじいた建築家があらわれたりしました。それほど氷はやすく、電気冷蔵庫は高い時代だったのです。
 それはともかく、そんなわけで、家の中に洗濯機や冷蔵庫の置場所を予定しないでプランをつくるのが、当時は普通でした。
 また、便所は原則的に汲取り式で、内務省式と称した今の厚生省式改良便所を、進んだ中流住宅ではつかっていました。しかし、いくら改良されてはいても、汲取り式である以上、臭気を発し、プランの上の便利さからそれを玄関の横におき、家のものは出入のたびにその臭いをかがされる家がよくあったものです。
 また、その頃の家は押入や戸棚がそれはどなくても、家がきちんと整理されていたように思います。家の中に仕舞っておくべき物がすくなかったのだろう。そういう物入れも、奥行90cmのいわゆる押入が非常に多く、奥行の浅い戸棚の数がきわめてすくなかったことも覚えています。収納能率はきわめて悪いはずですが、それで誰もそれほど文句をいわなかったのは、今のように生活が豊かでなく、持ちものがすくなかったからだと思います。

住まい暮らし生活
建設業者をどうやって選ぶか/ 有名な建築家に家の設計を頼むのは得か損か/ 見直されるプレハブ住宅/ 中高層住宅では流産しやすい/ 障害者や老人の住める街づくり/ 家を建てるときに一番気をつけなければならないこと/ 家も住む人とともに成長する/ 家造りは伴侶を選ぶのと同じ/ いい家を造るコツ/ 共通の室、リビングルーム居間/ リビングキッチンのおかげで台所が日の目をみるようになった/ 室内にはこんな配慮がほしい/ 楽しい食事の雰囲気をつくるには/ 台所は家の中の工場/ 台所はどの方位が一番良いか/ 働きよい台所を造るには/ 配膳棚と戸棚の設計/ 寝室の独立は生活の進歩/ 欧米の寝室には浴室がついている/ ダブルベットはこんなときには具合がわるい/ 寝苦しい夏の夜を涼しく過ごすための窓/ 和室の場合の寝室/ 居室の照明/ 便所の眺めは体に作用する/ 和式、洋式便器の一得一失/ 便所の造り/ 子供のための部屋/ 子供部屋の広さと方向/ 子供部屋の室内/ 部屋の集まり/ 家の中廊下/ 日本の風土や生活に適合した家/ 木造と補強コンクリートブロック造の長所と短所/ 鉄筋コンクリート造の長所と短所/ 鉄骨造の長所と短所/ 屋根と外装/ 床と天井/ / 近所の人に土地の住み心地を聞いてみる/ 北下がりの土地は買うべきでない/ 地下水と土質/ 日本の風土に合った昔の家/ 田舎家の夏/ 夏と現代の住まい/ 南側の庇は家造りのポイント/ 冬の住まい/ 住まいの暖房/ 暖気と換気、隙間風の防ぎ方/ 保温と暖房/ 暖房のための熱源/ 都市の中心部から閉め出される独立住宅/ 住宅のアパート化/ 高層住宅での生活/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク