床と天井

 床は現在30cm角の床タイルが全盛です。床タイルは大ざっぱにわけて、塩化ビニール性のものと、ゴム性のものにわかれます。前者は通称Pタイルといいますが、丈夫で、値段の手頃な点ですぐれ、後者は弾力があって足ざわりのよい点がすぐれているが、値段はPタイルにくらべて相当高い。Pタイルの現在欠点とされているところは、すべりやすいことと、台所などにはったとき、冷えるという人の多いことです。
 床タイルでいつも問題になるのは、それをはりつける糊で、土間にこれを張ったりすると、下から吸い上げた湿気のため糊がきかなくなり、タイルがはがれてきたりすることがあります。そんな部分はなるべくさけてこれをつかうのが賢いと思います。
 その他、床材料としては、ハードボードやパーティクルボードがあります。いずれも非常に硬い点、狂いのこない点に特長があり、在来の縁甲板の代りとしてだけでなく、さらにすぐれた一面をもっていますが、一方、床材料として大切な古びてからの汚れの点でどうも首をひねってしまいます。また、相当の厚みをもつ30m角の合板の表面に、ナラ、ブナなどの堅木を寄木張り風に接着したものがつかわれだしました。張りつけの工事がきわめて簡単なこと、仕上りのきれいなこと、Pタイルに比してあたたかみのあること、などに特長を持っています。

スポンサーリンク

 天井として大切なのは、充分に断熱力があって、室内のあたたかさが天井裏へ逃げるのを食いとめることや、耐火性のあることです。石油ストーブをひっくりかえしたり、アイロンをつけわすれたりして室内に発火したとき、まず燃えうつるのは天井で、これが燃えやすいと家全体が火に包まれるきっかけをつくります。そのため耐火性であってほしいのですが、一方、人間の手足がやたらに触れる場所でないから、そう硬い丈夫なものである必要はありません。
 戦前は室の天井というと、判で押したようにテックスを使いました。テックスはバガス(砂糖きびのしぼりかす)やパルプをプレスしてつくったもので、相当な断熱力のあること、値のやすいこと、などで非常に普及したが、近頃のインシュレーションボードはそれの進化したものと思えばよく、断熱力や吸音力の大きいところに特長があります。そして昔のテックスにくらべ非常に丈夫であり、性能がよく、しかも、すこしくらいの水ではふやけたりしないところもいい。しかし、残念ながら耐火力がありません。
 その点すぐれているのは石膏ボードで、部屋から燃え上った火を一応うけつけない程度の難燃性をもっています。石膏ボードは厚紙と厚紙の間に石膏をサンドイッチにしてはさんだもので、厚紙は屑紙の再生品、石膏も肥料工業の副産物のため、値段が非常に安い。関東震災の復興のとき、タイガーボードの名でしきりにつかわれたのをおぼえています。戦後、その用途が非常に広まりました。
 石膏ボードの欠点は水に弱いことで、湯気のあがりやすい台所や、浴室の横の脱衣室の天井などには使わない方が安心です。水気のつく浴室の天井には、前にも話したように、硬質塩化ビニール板をおく。そこへたまった水滴をおとさないためには、リブ状になったものがいいと思います。その他、耐火性のある天井板としては、岩綿を原料としたミネラートン、ガラス綿を原料としたグラスロンなどがあります。二階家の一階の天井などにはこういうものを使うべきです。

住まい暮らし生活
建設業者をどうやって選ぶか/ 有名な建築家に家の設計を頼むのは得か損か/ 見直されるプレハブ住宅/ 中高層住宅では流産しやすい/ 障害者や老人の住める街づくり/ 家を建てるときに一番気をつけなければならないこと/ 家も住む人とともに成長する/ 家造りは伴侶を選ぶのと同じ/ いい家を造るコツ/ 共通の室、リビングルーム居間/ リビングキッチンのおかげで台所が日の目をみるようになった/ 室内にはこんな配慮がほしい/ 楽しい食事の雰囲気をつくるには/ 台所は家の中の工場/ 台所はどの方位が一番良いか/ 働きよい台所を造るには/ 配膳棚と戸棚の設計/ 寝室の独立は生活の進歩/ 欧米の寝室には浴室がついている/ ダブルベットはこんなときには具合がわるい/ 寝苦しい夏の夜を涼しく過ごすための窓/ 和室の場合の寝室/ 居室の照明/ 便所の眺めは体に作用する/ 和式、洋式便器の一得一失/ 便所の造り/ 子供のための部屋/ 子供部屋の広さと方向/ 子供部屋の室内/ 部屋の集まり/ 家の中廊下/ 日本の風土や生活に適合した家/ 木造と補強コンクリートブロック造の長所と短所/ 鉄筋コンクリート造の長所と短所/ 鉄骨造の長所と短所/ 屋根と外装/ 床と天井/ / 近所の人に土地の住み心地を聞いてみる/ 北下がりの土地は買うべきでない/ 地下水と土質/ 日本の風土に合った昔の家/ 田舎家の夏/ 夏と現代の住まい/ 南側の庇は家造りのポイント/ 冬の住まい/ 住まいの暖房/ 暖気と換気、隙間風の防ぎ方/ 保温と暖房/ 暖房のための熱源/ 都市の中心部から閉め出される独立住宅/ 住宅のアパート化/ 高層住宅での生活/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク