田舎家の夏

 田舎家には「にわ」と称する土間があり、そのうえには天井がなく、屋根裏まで吹き抜きになっています。家の中で多少でも空気が暖められれば、それはたちまち屋根裏に上昇し、棟近くの煙抜きから逃げてゆくでしょう。入れかわりに外部から涼風が吹きこみ、たとえ無風の日でも家の中は涼しくなるにちがいありません。
 また、家の中に壁が少なく、部屋と部屋とがふすま仕切りであることが、要するに家中が一つの部屋同様だということで、これは特別の一室の温度が特に上昇するのを防ぐ。現代の住宅においては、よく東側あるいは西側に子供部屋や書斎を設けますが、こういう小室は朝日または夕日をうけて、たちまち室内がひどい暑さになる。室内の空気の量がわずかなため日射や外気温の影響が激しいのです。家中が空気的に一室なら、こういう現象もおこらないはずです。

スポンサーリンク

 次に、家と幅射熱との関係にうつりますが、直射日光をさえぎるには日本家独得の深いひさしが大いに役にたちます。その庇をさらに深くしたいときは、地上に独立柱をたて、それでひさしをささえる。これを土ひさしといいます。
 昔、平安朝の頃は、母屋の周囲に幅の狭い部屋をめぐらして、これを庇の間といいました。後世のすまいの縁側とよく似たもので、庇、ひさし、は日のさしこむ所という意味ででもあるのでしょうか。
 ともかく、庇の間や縁側のあることで、その内部の本当の部屋は夏の暑さから逃れえているのです。また、そういう空間は、庭からの幅射、つまりやけた土や石や樹々からの「ほてり」をよくさえぎっていると思います。
 もちろん、縁側をめぐらした室は、縁側の幅だけ外界から後退しているから、それだけ暗い。しかしこれはやむをえない。幅射熱と光線とはつねに手に手をつないでいるので、明るい所は原則的に暑いのである。日本古来のすまいの薄暗さは、涼しさに通じています。
 次に、外気の暑さや日射の影響をくいとめる大切な条件は、屋根や壁が熱を伝えにくいものであることです。仮に家の中の風通しがいくらよくても、また庇や縁側がいくら十分につくられていても、屋根や外壁がトタン板一枚だったらやはり結構暑いでしょう。
 しかし日本のすまいの屋根や壁は、この点でもなかなか優秀だといえます。その中でも特別優秀なのは田舎家独特の茅葺屋根で、これは熱遮断を考慮してつくられた現代住宅の屋根にまさるとも劣ることがない。
 茅葺屋根の熱をさえぎる力は、二五センチ近くもあるその厚さにもよりますが、茅のくきの束ねられたすき間にできた無数の空気層にもよります。大体、建築材料に関するかぎり、熱遮断の力は、それが内蔵している空気層の量によってきまる。テックスとか、発泡ポリスチレンとか、ガラス綿とか、コルク板とかが保温材、つまり熱遮断材として有効なのは、その内部に無数の空気層を有するためです。だから熱遮断材には割と軽いものが多い。
 壁として熱をさえぎる力の強いものに土蔵壁があります。これは竹を縦横に組んでつくった壁下地の上に粘土を十数回ぬりつけて仕上げた厚さ25cmほどの壁ですが、こういう手のこんだ壁でなく、ごく普通の日本家の真壁でも、日本の夏の暑さをくいとめる程度の熱遮断力は十分もっています。
 外壁の仕上げは普通白漆喰塗としますが、白色は幅射熱を反射する力がきわめて強い。これは白色が光線をよく反射する点から類推できると思いますが、一方、そういう民家の白壁の味が日本の山野の景観にいかにもよく似合っているのは面白いことです。
 こんな風に、日本の風土から生え出たような日本古来の住まいは、日本の夏から日本人を守るのにきわめて合理的にでき上がっているということができるのです。

住まい暮らし生活
建設業者をどうやって選ぶか/ 有名な建築家に家の設計を頼むのは得か損か/ 見直されるプレハブ住宅/ 中高層住宅では流産しやすい/ 障害者や老人の住める街づくり/ 家を建てるときに一番気をつけなければならないこと/ 家も住む人とともに成長する/ 家造りは伴侶を選ぶのと同じ/ いい家を造るコツ/ 共通の室、リビングルーム居間/ リビングキッチンのおかげで台所が日の目をみるようになった/ 室内にはこんな配慮がほしい/ 楽しい食事の雰囲気をつくるには/ 台所は家の中の工場/ 台所はどの方位が一番良いか/ 働きよい台所を造るには/ 配膳棚と戸棚の設計/ 寝室の独立は生活の進歩/ 欧米の寝室には浴室がついている/ ダブルベットはこんなときには具合がわるい/ 寝苦しい夏の夜を涼しく過ごすための窓/ 和室の場合の寝室/ 居室の照明/ 便所の眺めは体に作用する/ 和式、洋式便器の一得一失/ 便所の造り/ 子供のための部屋/ 子供部屋の広さと方向/ 子供部屋の室内/ 部屋の集まり/ 家の中廊下/ 日本の風土や生活に適合した家/ 木造と補強コンクリートブロック造の長所と短所/ 鉄筋コンクリート造の長所と短所/ 鉄骨造の長所と短所/ 屋根と外装/ 床と天井/ / 近所の人に土地の住み心地を聞いてみる/ 北下がりの土地は買うべきでない/ 地下水と土質/ 日本の風土に合った昔の家/ 田舎家の夏/ 夏と現代の住まい/ 南側の庇は家造りのポイント/ 冬の住まい/ 住まいの暖房/ 暖気と換気、隙間風の防ぎ方/ 保温と暖房/ 暖房のための熱源/ 都市の中心部から閉め出される独立住宅/ 住宅のアパート化/ 高層住宅での生活/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク