保温と暖房

 暖房につき、も一つ大切なことは、壁天井の保温力を充分にさせることです。保温力が充分だとは、つまり熱貫流率の小さいことで、これは冷房の際の熱遮断の問題と全く重なります。一方は内から外へ熱が逃げ出る問題、他方は外から内へ侵入する問題、いずれも壁の中を熱の伝わる問題で同じことなのです。
 ただちがうのは内外の温度の差です。冷房は、いくら室内の空気を冷やしても、外気温より5度以上下げることは人間の生理上まずいのですが、暖房の際はそんなことがありません。たとえば札幌では、外気温が零下10度ぐらいに下ることはごく普通ですが、室内は20度ぐらいにあげてあるから内外の温度差は30度になります。

スポンサーリンク

 壁を伝っての熱の逃げ方は内外温度に比例するから、夏より冬の場合の方が、はるかに壁の熱貫流率が問題となるのです。熱貫流率の小さい壁や天井をつくるのはお金がかかりますが、しかし、大してストーブを焚かないでも部屋は暖まるはずだから、経常費はたすかります。寒い土地ほど、壁の保温力増加にお金をかけた方が、大局的に見て得になります。近頃、札幌あたりの家では、外壁の大壁の中空路に発泡ポリスチレンや岩綿をいれて、その保温力をあげています。
 壁天井の熱貫流率がきわめて大きい、まあバラック建のような家で、やたらにストーブを焚いて部屋をあたためたらどうなるかというと、室内での上下の温度差が非常に大きくなります。どんどん室外に熱が逃げ、寒いからストーブをたくと、暖まった空気は上へのぼり、天井や壁の隙間から逃げ、入れ換りに壁や建具の下部から隙間風が入ってくる。寒く益々焚く、益々上下の温度差がはげしくなるというわけで、いくら焚いても、あたたかいのは生活に無関係な天井近くだけということになります。その意味からも、薄っぺらな壁天井で、矢鱈にストーブをたくのは面白くないのです。
 札幌へ冬行くと、一寸した喫茶店などで、暖房した室の天井で扇風機が回っているのがあります。この夏の季節の機械を真冬につかっているのは妙な感じですが、要するに、天井近くにただよう暖気を床の上へ追いかえすための手段で、これは相当な効果があります。

住まい暮らし生活
建設業者をどうやって選ぶか/ 有名な建築家に家の設計を頼むのは得か損か/ 見直されるプレハブ住宅/ 中高層住宅では流産しやすい/ 障害者や老人の住める街づくり/ 家を建てるときに一番気をつけなければならないこと/ 家も住む人とともに成長する/ 家造りは伴侶を選ぶのと同じ/ いい家を造るコツ/ 共通の室、リビングルーム居間/ リビングキッチンのおかげで台所が日の目をみるようになった/ 室内にはこんな配慮がほしい/ 楽しい食事の雰囲気をつくるには/ 台所は家の中の工場/ 台所はどの方位が一番良いか/ 働きよい台所を造るには/ 配膳棚と戸棚の設計/ 寝室の独立は生活の進歩/ 欧米の寝室には浴室がついている/ ダブルベットはこんなときには具合がわるい/ 寝苦しい夏の夜を涼しく過ごすための窓/ 和室の場合の寝室/ 居室の照明/ 便所の眺めは体に作用する/ 和式、洋式便器の一得一失/ 便所の造り/ 子供のための部屋/ 子供部屋の広さと方向/ 子供部屋の室内/ 部屋の集まり/ 家の中廊下/ 日本の風土や生活に適合した家/ 木造と補強コンクリートブロック造の長所と短所/ 鉄筋コンクリート造の長所と短所/ 鉄骨造の長所と短所/ 屋根と外装/ 床と天井/ / 近所の人に土地の住み心地を聞いてみる/ 北下がりの土地は買うべきでない/ 地下水と土質/ 日本の風土に合った昔の家/ 田舎家の夏/ 夏と現代の住まい/ 南側の庇は家造りのポイント/ 冬の住まい/ 住まいの暖房/ 暖気と換気、隙間風の防ぎ方/ 保温と暖房/ 暖房のための熱源/ 都市の中心部から閉め出される独立住宅/ 住宅のアパート化/ 高層住宅での生活/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク