都市の中心部から閉め出される独立住宅

 大都会の中心部では段々独立住宅をたててそこに住む可能性が減ってゆくと思います。パリで独立住宅に住んでいるのは、大統領の一人だけだといいます。話を半分にきいても、都市生活が次第にどんな方向へゆくかの見当がつきます。
 要するに、都会の中心部では住宅がすべてアパート化し、独立住宅をたてうるのは比較的地価のやすい郊外地だけになるでしょう。その郊外地も、なまじっかの郊外にはすでに住宅敷地がそれほど残ってなく、都心からずいぶんとと離れた山野が整地され、住宅地として分譲されることがこれから多くなるでしょう。

スポンサーリンク

 そういう新しい敷地には中高層のアパートが団地として計画されることも多かろうから、結局、都心は高層アパート、郊外は中高層のアパート団地や独立住宅群で埋まってゆくのが、これからの逃れられない傾向だと思います。そして、そういう郊外にもいつの時代か超高層のアパート団地のできる時代が来るでしょう。
 ところで、そういう分譲地にたつ独立住宅ですが、これは今までの自然発生的な都内の敷地にたつ住まいとはちがって、大体その形を統一することができます。分譲敷地の形が画一的だからで、近頃大分売出しはじめられた組立住宅も、こういう場所にならうまくはまりうる。もっとも、どこまで行っても同じ格好の家がずらりと並んでいるだけの町がどんなものか、景色としても昧気なく、酔払って帰って来たときなど、どれが自分の家だか判断に迷うこともあるでしょう。
 しかし、他に住む場所がなければ仕様がない。他所の家に間借りしての生活よりはずっとましで、やがてはそういう町も人間で埋まってしまうこととなるでしょう。
 また、これを生活の側から見るとき、大地の上にじかに建っている独立住宅という点では、これまでのものと何等変りがなく、内部の生活もそのために今後それほどちがってゆくとは考えられない。今後、生活の仕方の次第に変ってゆくのはアパートにおいてではないでしょうか。

住まい暮らし生活
建設業者をどうやって選ぶか/ 有名な建築家に家の設計を頼むのは得か損か/ 見直されるプレハブ住宅/ 中高層住宅では流産しやすい/ 障害者や老人の住める街づくり/ 家を建てるときに一番気をつけなければならないこと/ 家も住む人とともに成長する/ 家造りは伴侶を選ぶのと同じ/ いい家を造るコツ/ 共通の室、リビングルーム居間/ リビングキッチンのおかげで台所が日の目をみるようになった/ 室内にはこんな配慮がほしい/ 楽しい食事の雰囲気をつくるには/ 台所は家の中の工場/ 台所はどの方位が一番良いか/ 働きよい台所を造るには/ 配膳棚と戸棚の設計/ 寝室の独立は生活の進歩/ 欧米の寝室には浴室がついている/ ダブルベットはこんなときには具合がわるい/ 寝苦しい夏の夜を涼しく過ごすための窓/ 和室の場合の寝室/ 居室の照明/ 便所の眺めは体に作用する/ 和式、洋式便器の一得一失/ 便所の造り/ 子供のための部屋/ 子供部屋の広さと方向/ 子供部屋の室内/ 部屋の集まり/ 家の中廊下/ 日本の風土や生活に適合した家/ 木造と補強コンクリートブロック造の長所と短所/ 鉄筋コンクリート造の長所と短所/ 鉄骨造の長所と短所/ 屋根と外装/ 床と天井/ / 近所の人に土地の住み心地を聞いてみる/ 北下がりの土地は買うべきでない/ 地下水と土質/ 日本の風土に合った昔の家/ 田舎家の夏/ 夏と現代の住まい/ 南側の庇は家造りのポイント/ 冬の住まい/ 住まいの暖房/ 暖気と換気、隙間風の防ぎ方/ 保温と暖房/ 暖房のための熱源/ 都市の中心部から閉め出される独立住宅/ 住宅のアパート化/ 高層住宅での生活/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク