狭い収納スペースの使い方

 住まいの中で、今、主婦が感じている一番の不満は収納スペースが狭いということです。事実、相談に来る人の中にも、納戸を希望する人が多いのに驚かされてしまいます。私なら納戸は絶対にすすめたくありません。家やマンションを設計し、台所、寝室、洗面所と必要スペースを確保していくうちに、どうしても中途半端なスペースが余ってしまいます。納戸はその半端なスペースの利用法として設けられることがほとんどで、元々収納を目的にとった場所ではないためにその用途については、いろいろと問題が多い。納戸があるから親切な設計と考えるのは大間違いです。

スポンサーリンク

 しかし、すでに納戸付きの家やマンションに住んでいるあなたは、はたして納戸を活用しているのでしょうか。大して使いもしない古タンスや箱で一杯で、何かどこにあるのやら、さっぱり要領がつかめない、というのが大方の納戸の現状ではないだろうか。納戸がかたづかない元凶は何か、それは納戸が物は目的の場所にそれぞれ収納するという収納整理の一大原則に元々はずれているからなのです。
 納戸としてとれるスペースはせいぜい三畳程度。その中に古タンスを入れて活用できると考える方が間違っています。もしあなたが今ある納戸を使いこなしたいと思っているのなら、タンスはそれを使う場所に収納し、あるいは思い切って処分し、納戸にはタンスの中身をそのまましまうようにした方がよいでしょう。そのためには、素人にもつけられるパイプを天井近くに取りつけ、季節はずれの衣料を吊して収納したり、古い木の本箱を半分に切って背中合せにした棚やスチール本棚を使って、両方から取り出せる収納棚に使います。どうせ納戸は物入れ専用のスペースで他人の眼にふれることも少ないのだから、見かけのいいタンスより少々カッコは悪くとも実質的な収納方法を選ぶ方が賢い。
 また、この際、考え方を一八〇度回転させて、納戸を物入れではなく、書斎や子供部屋に利用するのも一手です。日当りの悪さや狭さといった欠点はあっても、個室の欲しい主人や子供にとっては、わが城としての機能を発揮してくれるはずです。
 納戸には開口部をあまりつけないことも大切です。開ロ部がありすぎれば物は置けません。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク