洋服タンスを倍使う

 洋服類は夏物も、冬物も、すべて吊っておいて一目で見渡せる方が便利です。そこで洋服タンスの収納法ですが、コート類など長い物は玄関にクローゼット(衣装収納)を作って、そこへ収納してしまえば洋服ダンスにスペースができます。
 もし玄関への収納ができないのなら、洋服タンスの整理は長い物はすべて右端へ、といった具合にどちらか一方にまとめてしまうのです。
 残ったブラウスやスカートなどは丈の短い物だから、その下のスペースに、引き出し付きのボックス家具を並べます。これはタンスの中に入れてしまうから、外からは見えないので安い物で十分です。ボックス家具はふつう40cm角、これが何個か並ぶと、その引き出しの中にワイシャツなどのシャツ類が入り、整理ダンスの中味の半分くらいが収納できるようになります。
 また新しく買い求めるのなら、外からは一枚扉になっていて、中を開けると洋服が二段に吊れるようになっている既製品もあります。その隣にまた洋服ダンスがあり、こちらは上一段だけ服を吊り、その下は全部引き出しという収納量が多いものです。
 その他にも2mくらいの高さで洋服タンスが三段になっていて、一番上はパイプを引っぱると洋服が吊られたままおりてくるという外国製品もあります。

スポンサーリンク

 あなたはコートもスーツもワンピースも、衣類はすべて洋服ダンスに収納するもの、と思い込んではいないでしょうか。物はそれを便う場所に収納するという収納の大原則に従えば、コート類を洋服タンスに入れておくのはおかしい。たいてい洋服タンスは寝室などに置かれてあり、そこからコートを着て出かけ、また帰って来てコートをしまいに行くくらいなら、コート類は始めから玄関にあった方がはるかに便利です。
 そのためには玄関には下駄箱だけではなく、コートを収納するクローゼットを置きたいものです。
 コートだけではなく、ゴルフ道具や野球のバットなども当然、玄関に置くべきものの一つでしょう。
 マンションなどで、クローゼットを作るスペースもない狭い玄関なら、壁面を利用してコート掛けとスリッパラックを一緒にしたホールパネルも市販されています。来客用も含めて、家族のコート類を玄関に納めることをぜひ考えてほしいものです。
 ふつうの洋服タンスはたいていコートが吊られるだけの高さがあります。だから、どこの家庭でもコート、スーツ、ワンピース類は洋服タンスの中へ、他の短いものと一緒に吊られているはずです。それらの長いコート類をまとめて玄関に収納してしまえば、洋服タンスはムダなく使えます。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク