目立つ梁や柱も部屋のアクセント

 マンションで天井から梁が下がっていたり、柱が出っぱっていたりするのは、とかく気になるものです。なんとかこの凹凸を目立たなくさせたいが、撤去不可能なものだけに、ここは一つ発想の転換をしてみましょう。
 そんな時は、目立つものを隠そうとしないで、いっそう目立たせるようにすればいい。出っぱっている柱や梁の部分にだけ、しゃれた壁紙などを貼って部屋全体の一つのアクセントにしてしまうのです。

スポンサーリンク

 この場合、部屋全体の壁紙は無地など、なるべく無難で目立たないものを使えば、柱や梁に使った個性的な壁紙とのコントラストが効いてきます。
 出っぱった柱の部分だけを飾りスペースと考えて、絵やカレンダー、タピストリーなどを集中的に飾りつけるのも目立たせる一つの方法です。また梁には小さな飾り皿や小さな額などをいっぱい飾りつけても楽しい雰囲気になります。
 梁が下がっているため、部屋のコーナーが暗くなるような時は、梁にレールを取り付けてスポットライトを数個、動かせるようにしておくと、しゃれた照明にもなりムード作りが楽しめます。この場合は電気の配線工事を伴うので専門家に依頼した方がいいでしょう。
 梁にはコンクリートでできているものと、配管類を隠すためにベニアでおおってあるものとがあります。
 絵などを飾るためにフック類を取り付ける場合は、コソクリートの梁なら、日曜大工でも、コンクリート用の釘と電気ドリルは必要。中が空洞になっているベニア囲みの場合には、中で止め金がパラシュートのように開くベニア用のカサ釘を用いるといいでしょう。
 太っている人がやせてみえるようにと、キチキチの洋服を着ると、よけい太ってみえるのと同じ原理です。
 とにかく隠せない欠点は堂々と、遂に積極的に利用するのが賢い方法です。
 壁紙を思い切って個性的なものに貼り替えたいが、もし失敗したら大変だと悩んでいる人に、まず壁紙の冒険はトイレで試みてみることをおすすめしたい。
 私自身、家を建て替えた時、両親の要求は、あまり奇抜な家にしないでほしいということでしたが、トイレだけは私の思い通りにさせてもらいたいと許しを得ました。そこで私はまずトイレの壁紙をブルーの濃淡のたて縞で貼りつめました。しかも便器は黄色です。さぞかし奇抜なものになるだろうと想像したが、出来上がってみるとこれがなかなかの評判、大成功でした。
 トイレは来客も含めて大勢の人が便う場所ですが、長居をするところではない。だからかなり個性的なものを作って、たとえそれが失敗してもスペースが狭いから大した負担にならないし、我慢ができるのです。壁紙などを冒険する場としては恰好の場所といえます。
 壁紙のサンプルはふつうごく小さいものだから、いざ貼ってみた場合と、かなり感じが変ってくる。専門家でも選択に迷うほどだから、素人がとまどうのは当り前です。トイレなどで実際に便ってみなければ現実には判断はしにくいのです。天井さえ貼らなければ素人でも貼り替えができるし、部分貼りもまた個性的で面白いかもしれません。壁紙の幅だけトイレの一面に貼り、残りの面はそのまま無地にしておいてもかまいません。アクセントウォールの感覚です。ただし、貼り分けたりすればトイレの中は少々狭い感じにはなります。
 さて、各部屋の壁紙ですが、いくら個性的に、といってもいろいろな人が集まるリビングルームなどはあまり目立だない無難なものの方がいい。個性的にしてもいいのは寝室など個人が使う部屋に限るべきです。
 壁紙は一度貼ったら一生使うものなどと決めないで、気軽に貼り替えた方が雰囲気も変って変化が楽しめます。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク