キッチンの意外な収納スペース

 どこの家庭の台所でも、収納に一番困るのが、食事のたびごとに必要な箸、スプーン、ナイフ、フォーク、ナプキンなどの小物用具と、何種類かの調味料の置き場所です。
 小物用具はたいてい、洗ったあと、次の食事まで水切りカゴの中に置いてあったり、調味料類や箸立てなどと一緒にテーブルの中央にごたごたと置いてあります。
 そこでおすすめしたいのが、食卓用テーブルの小引き出し。ちょっとした日曜大工でテーブルにヒザがつかえない程度の小引き出しを作っておくと便利です。これに箸、スプーン、ナイフ、フォーク、ナプキンなどを入れておきます。
 また、調味料類など高さのあるものは、食卓の中央の下に、両側へ自由に引き出せるレールで吊った、ちょっと深目のボックスをとりつけて収納しておくとよい。食卓の幅は80cmくらいあるのが普通だから、中央にかなり深い箱を作っても邪魔にはなりません。家庭大工の経験のある人なら、手軽にできる食卓用テーブルの改造アイディアです。
 このテーブルなら使う場所で収納を考える原則にぴったりで、箸やナイフ、フォーク、調味料などを食事のたびに他の場所から持ってきたり、整理のつかないまま食卓の上に放置することもなく、便利で大変使いやすい。

スポンサーリンク

 流し台の下の収納スペースは、奥行が55〜60cmもあるのに中央に棚が一枚だけしかついていないのがほとんど。これでは奥へ奥へと物がつめ込まれていくばかりで、使いにくいことおびただしい。
 このような厨房器の空きスペースに、既製の収納ケースをうまく使うことで、何とか収納の効率をあげたいものです。
 たとえば今人気のあるワイヤーウェアー。これは壁掛け式のラックになったものや、食器の水切り用にできたものなどいろいろありますが、流し台には、積み重ね式の棚になったタイプが便利でしょう。
 もちろん棚の幅や間隔は組み合わせ方によって、使いやすいようにレイアウトできるから、鍋類も一つ一つ重ねないで置くことができます。ワイヤーウェアーの良い点は、その名の通りワイヤー(針金)でできているから、収納物そのものの占めるスペースがきわめて少ないことです。
 他にプラスチック製の収納ケースで、流し台用にづくられたものもあります。これは枠の中に、引き出し式の箱を二段まで納められるようになったシステムで、箱の深さは約20cmと5cmの二種類で、それを好みに応じて組み合わせられます。
 あるいは、同じシステムですが、引き出し、または箱の出し入れを、底についたレールの噛み合わせによって、いっそうスムーズにしたスライド式のプラスチック棚も便利でしょう。
 このタイプには、下段の箱が横長の米びつになっているタイプもあり、重量のある収納物をもスライド式で簡単に取り出せるようになっています。
 また、同じスライド式になったボトルラックも便利です。
 箱に穴をあけたような形の枠の中に、ビンを立てて収納しておき、奥にあるビンを使う時には箱ごと、引き出し式にスライドさせ、箱の先端を床に置いて斜めにした形でビンをとり出す形式のもの。これだと、一番奥にしまったビソでも、前に置かれたビンを移動することなくとり出せます。
 以上、数例挙げたように、最近では既製の収納ケースにも実に便いやすいものがたくさん出回っています。
 しかし、それらをうまく使いこなせるかどうかは、あくまでも主婦の腕次第です。もう一つ鍋を置くスペースができたから、こんどぱホーロー鍋を買おう。では、いずれまた収納ケースを買い足す破目になります。
 これは何にでもいえることですが、ただ収納スペースがあるというだけで、使用目的の必然性もないのに物を買ってはいけないのです。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク