事務用品の便利な使い方

 オフィスなどで、大判の書類整理用に使われているスチール製のファイリング・キャビネットがあります。大きさは幅40×奥行46×高さ70cmくらいの細長い箱で、深さのある引き出しが二段付いているタイプがほとんどですが、このファイリング・キャビネットを家庭の内で収納ケースとして使ってみましょう。例えば、クリーニング店から戻ってきたご主人のワイシャツ。ビニール袋に入れてたたんであるワイシャツは、長さがせいぜい30cmくらいしかないから、キャビネットの引き出しの中にちょうど書類を立てて入れるように、そのまま収納できます。
 衿の部分が重なって型くずれしないように、衿と裾を互い違いに入れると、一段の引き出しの中に一四、五枚のワイシャツが収納できる計算になります。引き出しを二段使うと三〇枚だから、これならいくら衣装持ちのご主人でも大丈夫でしょう。積み重ねて収納する方法と違って、立ててしまうことのメリットは、一目で色や柄がすべて見渡せること、さらに市販の、ワイシャツ専用の収納棚に比べて、入る枚数の割にはスペースをとらないことことです。
 ただし、スチールでできているから、そのまま部屋に置いたのではいかにもチグハグで見苦しい。押入れの空きスペースを利用するとか、ウォーク員・クローゼットの中に入れるかして外見にも気をつけたいものです。

スポンサーリンク

 事務机の上にのせる厚手のガラス板が一枚あれば、不意の来客の時にはテーブルがわりにもなって便利です。サイズは小さいものから、机全体をおおってしまう大型まで各種揃っていますが、少し大きめのものを買っておくと、ありあわせの箱の上にフェルトを敷いて、このガラス板をのせれば、立派なテーブルとして役に立ちます。
 理想をいえば下に置く箱は、ガラスより周囲が5cmくらい小さめのものの方が安定性があっていいが、来客のあった時だけに使うものと決めてしまえば、多少ガラスが大きめでも、物を端に置かないよう注意して使えばそれほど不便はありません。
 ガラス板なら、使わない時には、どこかのすき間に立てかけておけるから、役立つわりには収納もラク。台にする箱をまず決めてから、それに合ったサイズのガラス板を文房具店で探しておくといいでしょう。事務用に作られているから、ガラス板といっても厚さが約5mmくらいあり、しかも四隅の処理もされてあるから安全性の点からも申し分ありません。
 もう一つの使い方としては既製のボックス家具を、箱になった部分を上に向け、中に洋酒のビンや人形など飾りになるものを入れて、その上からガラス板をのせるとフェルトなどを敷かなくても中に入れた物がアクセサリーになるので、とてもしゃれたテーブルになります。
 家具は何でもインテリアショップかデパートで買うもの、と思い込んでいる人が多い。このようなワンパターン発想法では、いつまでたっても個性的な住まい方はできません。
 たとえば、文房具店で売っている、高さ30cmくらいのスチール製の事務用小引き出し、あれなどはぜひ一般の家庭でも使いたいものです。
 爪切りや耳かきといった小物から、毎日たまる領収書やパンフレット、保証書など、家庭内には数えあげたらキリのないほどの小物があるはずです。
 幸い、事務用小引き出しには、メモを差し込めるプレートがついているから、何が入っているかを、このメモに書いておけば一目瞭然です。まさに収納のお手本といえます。
 ただし、事務用品は機能本位で、素材、デザインが殺風景なものが多い。それが気になる時には、引き出しごと手近などこかにしまいこんでおけばいい。必要な時だけ、その場所へ取りに行く。これくらいの手間をかけても、何がどこにあったかと絶えずさがすより、はるかに合理的です。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク