便利な収納のコツ

 ベルトの収納はとかくやっかいなもの。金具によっては吊って収納できない種類のものもあるし、ハンガーにひっかけるのも不安定です。その上、いざ使おうとする時には目的のベルトを出すために、その前に吊ってあるものまで出さなければならない手間がかかります。
 では、どうすればいいかですが、手持ちのベルトはすべて、くるくると巻いてヒモで止めて、空いた菓手箱にでも入れて、タンスの中に置いておくのが一番いい。巻いてあればスペースもとらず、手早く目的の物がとり出せます。
 さて、ベルトを巻いておく時のヒモですが、よくパンなどの袋をねじって止めてあります、針金をビニールでくるんだような柔らかいヒモを使います。このヒモは、文房具屋へ行けば、いろいろな長さのものを安く売っているからベルトの数だけ用意しておけば、かなり丈夫でいつまでも使えます。
 タンスに下着やセーター類、シャツ類をしまう時、積み重ねてしまう人が多い。こういうしまい方だと、たとえば下着は上の方にあるものばかり使って、下の方や隅にあるものは使わずじまいになることが少なくない。
 セーターや下着はむしろ、くるくると巻いて丸めてタンスにタテにしまうようにします。
 洗濯したものは奥の方へしまうようにすれば、まんべんなく着るようになり、収納スペースもとらないので、頭のいい方法といえます。

スポンサーリンク

 小物入れの特にないタンスでは、ハンカチや靴下、下着はどうしてもあちこちにちらばってしまい、靴下が片方ない、などと騒ぐこともしばしばです。こういうことのないように、お菓子などの入っていた箱(紙製でも金属製でも)をタンスの中に入れ、こういう小物を種類別に入れるようにしておくと便利です。
 近所のお茶屋さんに行けば、大きめの茶箱を、安く分けてくれます。そこでひと工夫をして、キャスターを四個、茶箱の底に取り付けると押入れの物を奥に入れても出し入れがしやすくなります。
 次に、茶箱の深さの解消法ですが、ベニア板二枚と細長い棒を四本用意して、まず、接着剤か釘で棒を茶箱の左右二箇所に二段に分けて打ちつけます。 その上にベニア板を二枚、ちょうどフタをする格好に乗せます。つまり、茶箱一個を三段に分けて使う方法です。二枚のベニア板のフタには、それぞれ木片かなにかでつまみをつけておくと使いやすい。そのとき、必ず、各段に何が入っているか、一目で分かるように収納品のリストを作っておくこうすると、何か一つを探すときに、衣装を乗せたフタごと持ち上げて、目的のものをとり出すことができます。また、こうして段をつけておけば、物をあまり重ねすぎて、下にあるものをいためることもなくなります。茶箱は湿気をオフリミットするので、同じ衣類を収納するのでも、絹やウール類が効果的です。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク