扇風機で暖房の効果が倍増

 扇風機は夏用の電気器具です。夏以外のシーズンには納戸や物置で結構場所をとって眠っています。しかし、この扇風機、実は冬にも大活躍するものだ、ということにあなたはお気づきでしょうか。扇風機が暖房効率を高めるためのサーキュレーターの役目を果たすのです。暖房の暖かい空気は上へ昇ってたまってしまいますが、天井近くにサーキュレーターを取り付ければ、空気が室内を循環するので部屋全体がまんべんなく暖まります。
 サーキュレーターといっても原理は扇風機と同じです。だから冬になって使わなくなった扇風機を物置などにしまっておかないで、暖房の際に大いに活用すればいい。まさか扇風機を天井に取り付けるわけにはいかないから、台の上などにのせ、首を上に向けて、上にたまった空気を動かすようにします。
 暖房機は暖かい空気を出す機械、扇風機はそのものが涼しい風を作るのではなく、ただ単に空気を勤かす機械なのだから、暖房機と併用すれば温風を送ってくれます。
 それぞれの機能をフルに活用して快適な住まい方をしたいものです。
 わざわざサーキュレーターというカッコのいい名前の機械を取り付けなくても、原理は同じなのだから安い小型扇風機を買って使っても十分役に立ちます。

スポンサーリンク

 エアコンを選ぶ時、部屋の広さに合わせて十畳なら十畳用のエアコンを買ってしまうものですが、広い部屋には小型のエアコンを二台つけた方が効率もいいうえ、経済的でもあることをご存知でしょうか。
 広い部屋に大型エアコソー台だと、エアコンの近くは寒いくらいですが、離れた場所はそれほど涼しくはないというムラが出ます。したがって、隅々まで冷房を行きわたらせるには大型を最強にしなければなりません。それより小型二台で人の集まる場所にあわせて強弱を使い分けた方が効果的です。
 例えば、リビングとダイニングをワンルームにとった部屋では、それぞれの場所に小型か二台ずつ設置しておけばいい。みんながダイニングに集まっている時は、そこのエアコンは強、あるいは中、ダイニングの方は弱でもオフでもいい。両方に人がいれば小型二台を弱で運転すれば、大型一台を最強で使った時より電気代も安くなります。
 いまは冷房用の屋外機は一つで、室内機が二から三台使えるマルチタイプがあるから、これを使うと便利です。たしか最初の費用(イニシャルコストト)は、大型一台の方が小型二台より安いが、使いはじめてかかる費用(ランニングコスト)と効率を考えれば、遂にこの方が得をします。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク