カーテンの効果的保温

 窓の多い家は、陽がよく入り、明るくて気持ちがいい。事実、建て売り業者も、窓をたくさんとった家はよく売れるといっています。ところが、経済性という面からみると、窓の多い家は不経済なのです。いくら床、壁、天井などに断熱材を使っても、ガラス面が多いと、そこから、家全体から逃げる寒さや暑さの40パーセントを通してしまいます。
 冬などは、窓が多くて陽がたくさん入ると、たしかに室内は暖まりますが、それだけ夜はまた冷え込むことになります。
 そこで窓面の多い家は、多いなりに厚地のカーテンを吊り、昼間、陽が入って部屋が暖まったら、夕方にはカーテンを閉めて、暖かい空気を逃がさない工夫をすればいいでしょう。
 効果的な厚地のカーテンの吊り方は、ドレープ(厚地のカーテンの総称)と、ケースメント(ドレープとレースの中間の厚さで、レースのように透けて見えるものもある)とで、カーテンを二重に吊る方法で、これが一番断熱効果が高まります。 ふつうカーテンレールが二本あると、ドレープにレースと考えがちですが、レースよりもケースメントの方が厚さもあり、種類もいまは豊富になっているから、むしろ、こちらの方をおすすめしたい。

スポンサーリンク

 窓面が多ければ、その反対側の壁に、飾りを兼ねてシャギーのカーペットを貼っておくのもいいでしょう。
 外国では応接セットの下に敷くぐらいのかなり大きなカーペットを、タピストリーのかわりによく壁面などに貼ってある。カーペットは下に敷くものという常識を捨てて、もっとふんだんにアクセサリーとしても使いたいものです。
 このカーペットが壁面にあると、昼間、窓面からそそぎ込んだ太陽の熱を貯めておく効果もあるから、夜になっても室内に暖かさが残っているというわけです。
 ただし、雨戸がある場合は、雨戸を閉めてしまえば、暖房効果も遮音効果も高くなる。要はカーテンもケース、バイケースでこまめに考え分けることが大切だということです。
 カーテンを閉めた時、合わせめが開いてしまうのは恰好がよくないうえ、せっかく冷暖房した室内の空気が逃げてしまいます。
 暖房の時なら保温効果が落ちてしまい不経済です。
 そんな場合、マジックテープやマグネットで、カーテンの合わせめを開かないようにきちんととめてしまう工夫が必要です。
 本格的なカーテンの吊り方は、レールを真ん中のところで、交互に少し重ねてつけるもので、カーテンが二本のレールでつけ合わせるようなことはしない。しかし、一般に多い一本のレールで吊る場合は、どうしても合わせめが開いてしまいます。
 その場合は、カーテンの端、合わせめの部分にマグネットのついたランナーをつければ合わせめもビックリします。このランナーはインテリアショップやデパートならどこでも売っています。このマグネット付きランナーをカーテンの両端につけて、合わせれば、両方のひだがカーテンの中程で重なり合って、自然にすき間も防げることになるわけです。
 また、カーテンの寸法をとる時には、窓よりもずっと壁に入った位置まで、幅を少し大きめにとるようにし、カーテンレールも壁の方までつけておけば、窓の端のところがめくれてしまって、すき間ができるということもなくなります。
 また、カーテンの裾に重味をつけておけば、床までドッシリと垂れ下がるので、カーテンがあまり動かなくなり、合わせめが離れることも防げるのです。
 そのようにカーテンに重味をつけるものにはカーテンウエイトがあります。
 これは一口でいえば重しで、鉛でつくられたヒモ状のものをカーテンの裾に全部縫いこむタイプと、四角形の板状のものを合わせめの裾に縫いこむタイプとがあります。
 これを使うと、真ん中が開いてしまうのを防ぐだけではなく、ひだがきれいに出て、カーテンが一層美しく見えます。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク