部分照明の生かし方

 たいていの家は一部屋に一灯、天井につけた照明で部屋を明るくするというケースが多い。しかし、そのように部屋全体を明るくする全体照明ではなく、実際に使うそれぞれの場所だけを明るくする部分照明方式をとり入れた方が電気代の節約にもなり、ムード作りにも役立ちます。
 例えば、最近では、一部屋でリビングルームとダイニングルームを兼ねて使う間取りが多いが、このような部屋の場合、全体照明が一灯しかないと、ダイニングに家族が集まって食事などをしていると、誰もいないリビングまで照明がいってムダなことになります。しかも、全体照明の欠点は部屋全体を明るくしようとすると、かなりのワット数にしなければならず、それでいて隅々まで明るくならないという点です。ダイニングとリビングをワンルームで兼ねる場合は、それぞれの箇所に一つずつ照明があって切り替えられた方が合理的で電気代も節約できます。

スポンサーリンク

 明るすぎる照明は電気代のムダ使いになるばかりでなく、眼の疲れを早めることになります。光量を調節できるライトコントロールを照明のある部屋ごとに付ければ、かなりの電気代の節約になりますが、では一般にどのていどの照明があれば十分なのか、明るさの目安を紹介しておきましょう。
 ものを書いたり、編み物をしたりなど、手仕事をするときは指の指紋が見えるくらいの明るさがあれば十分です。
 また人が通ったりするだけの廊下などの場合は手相がわかるくらいの明るさがあれば、その箇所の照明は適当といえます。これらを目安に明るすぎる照明はチェックしていった方がいいでしょう。
 一般に天井からの照明にはシーリングライト(天井にじかにつける)、ダウンライト(天井に埋め込む)、ペンダント(天井からぶら下げる)などがあります、理想をいえば、これらの全体照明は、それぞれの場所で点滅可能なようにスイッチを別にとって二ヵ所に離して取り付け、ダイニングテーブルの上にはペンダント、リビングスペースの方はブラケット、コーナーテーブルの上にはスタンド、またはフロアスタンドを置くなど、照明の組み合わせを上手に使うようにしたいものです。
 現在ある全体照明を配線工事まで頼んでやり直すのはどうも、という人は、せめて全体照明の光量を加減できるライトコントロールを取り付けて、フロアスタンドやスポットライトを加えるなどして部分照明をより有効に使うよう心がけてほしい。スイッチボックスのあるところならライトコントロールの取り付けは簡単にできます。
 マンションで天井から梁の下がっている部屋があれば、その梁にレールをつけてスポットライトを移動できるようにすれば、かなり使い勝手のいい部分照明が出来上がります。もちろん、レールにスポットライトは二個でも三個でも取り付けられるから、方向は自由に変えられる。スポットライトはもっと家庭にも普及して良いものの一つです。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク