家の中の危険を防ぐ

 交通事故のような外での事故には気をつけても、家の中での事故に注意しない人が多い。ところが家庭内での溺死や転落死などの死亡事故は案外多く、打撲傷などの傷害も加えれば、かなりの数にのぼります。一軒の家の中には、乳幼児、腕白盛りの子供、身体が敏速には動かないお年寄りと、かなりいろいろな年齢の人間が住むことになります。だから家の安全は、若者や働き盛りの人ではなく、もっとも事故を起こしやすい子供や年寄りを基準に考えねばなりません。

スポンサーリンク

 たとえば、背の低い家具の角が四角くとがっていると、大人は何でもなくとも、子供では頭や顔をぶつけてしまいます。階段も同じことで、じゃまだからと手すりをつけない家を見かけますが、これでは大きな事故が起こっても仕方がありません。階段に手すりは絶対に必要です。
 玄関の上り据に置かれた小さなマットですべって転び、大ケガをした例もあります。両面テープで固定しておくべきだったのです。
 子供の風呂場での水遊びも危険で、わずか20cmくらいしか残り水がなくても、幼児が頭から落ちると、はいあがれず溺死するケースもあります。風呂のフタを頑丈なものに変えるか、水はいつも抜いておくようにするしか予防法はありません。流行の半埋め込みの浴槽は特に子供が落ちやすく、昔ながらの据え置き浴槽でも、足をかけられる台が置いてあれば危険度は同じです。
 老人や子供が風呂場で転んで大ケガをすることもあるので、木のすのこを敷きつめたり、タオル掛けを兼ねた手すりもつけておきたい。また特に老人は風呂場やトイレで倒れるケースが多いから、この二ヵ所の扉は必ず外開きにしておくのが原則です。
 また床の高さに段差をつけたりすると、足の弱い老人ではつまずいてしまいます。どの部屋も床の高さは一定にしておくべきです。
 意外に見落しがちなのがアルミサッシによるケガ。引き戸のガイドレールが鋭利なまま処理されていないものがあり、私の知人もそこにつまずいて足を切ってしまった。最近、市販されているものはその部分は丸くなっていて危険はないが、古い型のサッシの家では十分な注意が必要です。
 家の中は安全だと思い込むのは間違いです。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク