間仕切りにはこんな方法もある

 ワンルームのマンションや、リビングダイニングキッチンのように、一部屋が何役かの役割を果たすような間取りが増えています。そういう間取りでは、部屋をうまく仕切って、たとえば来客の時には、客に見せたくない部屋の一部を隠さなければ暮らしにくい。そこで、いかに部屋を仕切り、狭いスペースを有効に使うか、が問題になってくる。その問題で悩む人も少なからずいるようです。

スポンサーリンク

 間仕切りには、向こうをまったく見せないようにする場合と、見えていても心理的にここから先は違うのだと境をつける意味での間仕切りの二通りがあります。
 見せないために壁を作ってしまう間仕切りは、職人に依頼しなければならないし、また取り外す時も職人の手を借りなければならない。それよりもなるべく一つの部屋は完全に区切ってしまわないで、例えば来客の時には見せたくない場所を仕切れるように、移動可能な仕切りにしておいた方が部屋を広く使えてよいでしょう。
 昔の住まいには衝立て、屏風といったすぐれた間仕切りがありました。これなどもうまく使えば、現代でもしゃれたインテリア間仕切りになります。また天井からテキスタイルなどの布を吊ったり、ブラインドで間仕切りをする方法もあります。碁盤目になった籐に、ツタ類などの観葉植物をからませた間仕切りもしゃれています。
 またマンションやアパートの玄関などで、入るとすぐに中が見渡せるようなところなら、左右に開閉するバーチカルブラインド、使わない時は上に巻き上げられるロールスクリーン、あるいはしゃれたカーテンなどで間仕切りができます。
 部屋の中の間仕切りとしてもっと見直してほしいのがブラインドで、ブラインドはなにも窓につけるだけが能ではありません。
 巻き上げはもちろん可能だし、下げたままでも羽を動かせば、透けて見えるというブラインド独特の利点もあるのです。
 カラーもサイズも豊富に出回っているから、間仕切り用に使ってみると面白いでしょう。
 また、見えていても心理的に仕切るという場合は低い収納家具などを置いて、そこからこちらはダイニング、あちら側はリビングと区分けすることも考えられます。
 一人部屋でない子供部屋の間仕切りも、また同じ考え方で、ライティングデスクを横に二つ交互に向けて置いて、デスクそのものを仕切りとしておけばいいでしょう。
 将来どのようにもレイアウトできるから、成長する子供のためには間仕切りは固定してしまわない方がむしろいいのです。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク