ベッドか布団かはスペースで決める

 ベッドがいいか、和風の寝具がいいかはよく話題になり、事実、どちらにしようかと迷っている人も少なくありません。ベッドか、布団かの最終的な決定は、結局のところ各人の好みになってしまいますが、どちらを選ぶかの大きな決め手はスペースの問題になります。
 ベッドを置いてしまえば、その部屋は寝室にしか使えないが、和風寝具なら、たたんで押し入れに収納できるから、その部屋は多目的に使えます。したがって、狭い家なら和室に布団を敷いて、という方がいいわけです。ツインベッドを置く場合、寝室の広さは理想をいえば一二畳はほしいところ。最低でも八畳は必要で、六畳だとベッドメーキングさえもできなくなります。ベッドが嫌だという人の多くは、和風寝具とちがって陽に干せないからという理由に挙げていますが、これはベッドマットを陽に干すことで解決します。また、ベッドは布団がずり落ちるから嫌いだという人もいます。
 これはベッドに和風寝具を使う根本的な間違いを犯しているからで、ベッドを使う時は必ずベッド用寝具を使って、ベッドメーキングもきちんとしなければならないのです。

スポンサーリンク

 ベッドには和風寝具は使えないのです。ベッドメーキングをきちんとすることは、毛布でベッドを包んでしまうのだから、その中に入って寝れば、落ちる心配はまったくありません。ベッドから布団が落ちてしまうのは、ベッドメーキングがちゃんとできていない証拠でもあります。
 このベッドメーキングはたいへん力のいる作業で、年寄りだから布団の上げ下げより、ベッドの方が楽だろうという考え方は間違っています。
 洋風の生活様式が浸透するにしたがって、ベッドを使う人も増えてきた。しかし、一方で、暖かい、手軽だ、というベッドの長所は認めるが、いかにも一日中布団がしきっ放しという感じがいやだ、という人も多い。
 だがそれは誤解で、元来ベッドは日中にはベッドスプレッド(カバー)をかけておくものです。
 部屋の雰囲気にマッチしたカバーがあれば、ベッドは見苦しくないばかりか、かえってくつろいだ表情をあなたの部屋にもたらします。
 ベッドスプレッドは、何もデパートや寝具店で売られている高価な既製品である必要はありません。欧米の主婦達がよくするように、毛糸の手編みやパッチワークで手作りしてもよい。もっと簡単な作り方もあります。
 手芸店によくある色とりどりのフェルトを配色を考えて購入し、寸法を計って組み合わせるのです。
 そのフェルトをチロリアンテープなどの飾りテープではぎ合わせるわけです。ちょっとした手間でしゃれたスリーシーズン用のベッドカバーの出来上がりです。
 ベッドのいいところは色々ありますが、大きな利点は、第一に清潔で、第二に冬暖かいという点でしょう。
 清潔という理由は、夜、就寝時になると床の上にチリがたまるので、少しでも高いところに寝た方がいいからです。部屋の中は日中、空気が対流しているからチリは空中に浮かんでいる。ただ、ふだんはわれわれの目にふれないだけで、これが夜、皆が寝静まって、空気の対流がなくなると、すべて床に落ちてきます。極端にいえば、夜はチリにかこまれて寝ることになる。ベッドなら、その点で床よりも高いからチリにかこまれることもありません。
 また、冬、室内を暖房すると、暖かい空気は上の方にたまります。床暖房でもしていない限り床面が一番寒い。和風寝具ではその寒いところに寝ることになります。ところが、ベッドなら床より高い位置にあるから暖かさも違ってくる。実際に暖房をしている時、床の上に坐っていると寒いが、ソファーの上に坐っていれば、足先は寒くてもヒザから上は暖かいということからも、ベッドに寝た方が暖かいことがわかるはず。少なくとも掛ぶとん一枚くらいは暖かさが違い、その上、ベッドは毛布でくるまれ、その中に入って寝るのだから冬でも毛布一枚で十分暖がとれます。
 これらの理由から、私個人の好みでいえば文句なしに和風寝具よりもベッドをとります。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク