観葉植物で部屋の雰囲気を変える

 生きた切り花はもちろんですが、観葉植物があると部屋の雰囲気がガラリと変わり、安らぎが生まれてきます。たとえ小さなものでも、鉢植えを部屋に置くことは、ぜひおすすめしたいインテリアのテクニックです。
 観葉植物が部屋を生き生きとさせるのは、植物も人間と同じように生きて呼吸しているからです。私が訪れた北欧の主婦は観葉植物の葉か二枚一枚たんねんにビールで拭いて、まるで家族の一員のように大切にしていたのが印象的でした。手始めに不用になったコーヒーカップやシュガーポットなどに小さなカボスを植えて置いてみれば、植物のもつ効果がわかるでしょう。

スポンサーリンク

 観葉植物は飾りのみならず、間仕切りの役目を果してくれる場合もあります。自分の家に合った置き方をそれぞれに研究してみるといいでしょう。
 窓ぎわならば、カーテンレールを取り付け、鉢植えの数だけ市販のS字フックやカラーチェーンを、適当な長さに調節して垂らし、植物をひっかける方法もあります。そんな場合は小さな白い花がたくさん咲くブライダルベールや折り鶴ランのように、下へ垂れ下がってくる植物がいいでしょう。そういう種類の植物は幅のある階段の手すりに置いてもしゃれています。
 階段に余裕があればそれぞれの段に花の鉢を置いたり、玄関のたたきに背の高い植物を直接置いてもよいでしょう。玄関のつき当りに素敵な椅子を一脚置き、その上に鉢植えを置く、台所の出窓にパセリの鉢植え、浴室の中にもと置く場所は色々と考えられます。また、鉢は買って来たままのものでなく、しゃれた籐の龍に入れるなどして、飾るという意味の工夫もしたいものです。
 もちろん、生きている植物だから手入れは必ず必要です。種類によって違う水やりや陽への当て方は花屋さんに聞いて、その通り実行します。比較的丈夫で手がかからない植物に、カボス、ポトス、ゴムなどが挙げられるようです。最近では大きな花屋では観葉植物のリースを扱っています。少し前までは、喫茶店など、業務用でなければ扱っていなかったのですが、最近はマンションなどにも入れているので、手間をかけられない人は、これを利用するのも一つの方法です。
 家庭内にある洋酒のボトル、あるいは小鉢、コーヒーカップなどを利用して、ボトルガーデンやディッシュガーデンを作ってみましょう。
 まずボトル利用のガーデンですが、これは手持ちの空きビンやフラスコで簡単にできるものです。バークミクスというボトルガーデン用の混合土が売られているから、それをボトルの底に適当な厚さで敷き込んでから、植物のまだ、小さいものを、脚の長いピックアップツールで植えていけばいいでしょう。
 ボトルガーデンに適した植物は、さふらん、アイビー、ベコニア、ドラセナ、ポトスなどで、園芸店で二、三〇〇円位で売っています。
 水をやる場合は霧吹きで、三、四日に一度、土の色が変わる程度に吹きつければ十分です。
 もし長期間留守をする時などは、ビンにフタをしておくと約四ヵ月は水をやらなくても長持ちします。
 一方、食器を利用したものにディッシュガーデンがあります。つまり、お皿で作る植木です。
 これは灰皿からミルクパンまで何でも植木鉢にしてしまう方法で、こんなものでも、といった意外性のある楽しみがあります。
 植え方は水切りをよくして根腐れを防ぐために、ブロック・シリコ・ミリオンAを1〜3cmほど土の下に敷いておきます。
 観葉植物ならアイビー、トラデスカソチヤ、ポトス、テーブルヤシ、花なら、ベコニア、セントポーリアなどが適しています。
 ただし、食器類は底に排水孔があいていないから、上が乾いた頃を見計ってこまめに水をやるようにして、余分な水が底にたまらないよう注意することが大切です。
 あまりにも多すぎるが、捨てるに捨てられないで困っている食器類などは、この方法でどんどん活用したいものです。
 要は、こうした観葉植物は植える器を探す楽しみもあるということです。暮らしの中では、そうしたことから創造性を養っていきたいものです。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク