デットスペースはこう生かす

 狭い部屋で収納スペースの不足に悩んでいる人は多いが、冷静にチェックしていけば、案外見落とされているデッドスペースはあるものです。たとえば、ソファーに脚があり、その下があいていれば収納スペースとして使えます。壁面にぴったりと据えつけ、よほどの時でなければ模様替えをしないようなソファーならもってこい。キャスターのついた箱を作って、ソファーの下に出し入れできるようにしておけば便利です。

スポンサーリンク

 ソファーの下に物をいっぱいつめても、見えないように椅子カバーを上から床までたれ下がるようにかけてしまえば、椅子が汚れるのも防げるから一石二鳥といえます。
 同様に脚があって、下があいているベッドの下も活用できる収納スペースです。
 デッドスペースはこのように、探せばまだ利用できるところがあるはずです。といって、何でもあき空間があれば収納スペースとして使えばいいというものでもありません。
 すき間家具というのが出回っていますが、ふつうの家具が置けない狭いすき間に、ちょうど寸法がピッタリのすき間家具があったからといって、すぐにそれにとびつくのは考えものです。たくさん小引き出しのついたような細長い家具は、使ってみると何に使うにも中途半端で使い勝手が悪い。
 また、たとえ使えたとしても、他の家具と調和せず、かえって部屋を狭苦しく感じさせます。
 温風暖房機は壁面に設置されるタイプがふつうだから、そこの部分の壁は天井までまったく使えないスペースになってしまいます。そこで、暖房機よりもひと回り大きい天板を渡してしまうとか、棚を作るとかしてスペースを有効に利用しましょう。
 天板を暖房機の上に渡しておくだけの場合は、あまりはみ出しすぎても不安定で物を置いた時に危ない。左右はせいぜい、本体より10cmくらい大きめ、前後は5cmくらいに抑えて寸法を決めたいところです。
 一方、棚板に対して直角になるような壁を、棚と同じ素材で作ってしまって、壁にとりつけ、暖房機をその中にすっぽり入れてしまう方法もあります。つまり、横から見るとカギ型のワクのなかに機具をはめこんでしまう形です。
 本来なら作り付け家具のなかに、あらかじめ冷暖房機器をはめ込んでしまうのが理想ですが、予算面でどうも、という人にはぜひこの天板か棚板方式を試してみてほしい。わずか棚一枚でも、観葉植物を置いたり絵皿を飾ったり、ちょっとしたゆとりのスペースになるはずです。
 手作りが面倒という人には、市販のユニット家具もでています。温風暖房機の上に棚やキヤビネットを自由に選んで組み合わせるタイプで、これだと壁一面がフルに使えます。

住まい暮らし生活
狭い収納スペースの使い方/ 洋服タンスを倍使う/ 目立つ梁や柱も部屋のアクセント/ 押入れや物置だけが収納場所ではない/ 子供用の家具を買うと損をする/ 食器棚の合理的な収納方法/ キッチンの意外な収納スペース/ 物置は塀に沿って作る/ 事務用品の便利な使い方/ ウォールポケットは台所で使う/ 靴をスッキリ収納/ 工夫で便利になる収納スペース/ 便利な収納のコツ/ 暮らしのアイディア/ 扇風機で暖房の効果が倍増/ バーゲンセールの家電機器は大損/ 冷暖房機を買う時に失敗しないコツ/ 冷房を無駄なく使うポイント/ カーテンの効果的保温/ カーテンの組み合わせで効果が違う/ 絨毯の正しい使い方/ 敷き方で絨毯も経済的/ 掃き出し窓が多い家では家具を置く/ 部分照明の生かし方/ 家の中の危険を防ぐ/ ステレオや音楽の音を上手に防ぐコツ/ 照明器具の選び方/ 家具はカタログから選ぶ方が良い/ 邪魔になる三面鏡やドレッサーはどうするか/ リビングの椅子はセットで買うと損/ 床と天井の配色/ 壁紙一枚で部屋の雰囲気が変わる/ 間仕切りにはこんな方法もある/ 台所を仕切る方法/ マンションの玄関を楽しくするアイディア/ バルコニーを物置にしない/ レンジフードにもう一つ換気扇を付ける/ カーテンは使い方によって吊り方が違う/ カーテンの選び方/ 窓にレースのカーテンは不必要/ 一枚の布も応用しだい/ ベッドか布団かはスペースで決める/ 観葉植物で部屋の雰囲気を変える/ 部屋を楽しくするインテリア/ インテリアアイディア/ 壁面を利用したソファー/ 高さのある家具は部屋を狭くする/ 用途の決まった家具を買うと損/ 狭い家での収納法/ 子供部屋に個室をとると不便につながる/ 来客用の食器はどんどん使うべき/ 狭いLDKも使い方で広くなる/ デットスペースはこう生かす/ 押入れの徹底利用法/ 部屋を広く使う家具の配置/ 絨毯の色で部屋が広く感じる/ リビングセットなしで部屋を広く使う/ 単品家具を統一させる方法/ 無駄な家具で部屋を狭くしないようにする/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク