収納目的

 収納スペースの形について考えてみましょう。
 押入れが便利な収納スペースですが、それは私達が発想法を変える以前、つまり収納ということを、スペース中心に考えているときについていえることです。収納上手な主婦を目指して、物中心に考えることに思いいたった今では、前言は少しばかりニュアンスが違ってきます。
 押入れの奥行きは90cmでした。この、奥行き90cmの収納スペースにふさわしい物、言い換えればそれだけのスペースが必要な物は何でしょう。何か思い浮かぶでしょうか。
 ふつうの家庭にある物で、90cmの奥行きを必要とする物はただひとつ、和風寝具だけです。書籍なら25〜30cm、洋服でも60cmあれば充分です。
 すると、物に合わせた収納スペースの形という点からは、押入れは、便利この上ないものとはいえなくなりませんか。押入れに30cmの物を三列に収めたとします。たしかにピッタリ収納できますが、問題が残ります。いちばん奥の列の物を取り出すことを考えてみてください。
 まず一列目を出し、次に二列目、そしてやっと目的の物を出すことになるのです。これでは上手な収納とはいえません。

スポンサーリンク

 ふつうの押入れは、一間(180cm)の幅があります。例えば、これを半間だけにして、残りの半間に奥行45cmの家具を置くとします。整理さえすれば、この収納スペースで一間の押入れとまったく同じ量の物が収納できるのです。そうすれば、45cmの奥行きで半間分の空間が生活のために利用できることになります。
 物に合った収納スペースを考えることの意味はこんなところにもあるのです。
 部屋ごとに収納スペースがあることも大切なことです。どの部屋にも必ず収納しなければならない物があるはずです。となると、それを収納するスペースが、各部屋にそれぞれ必要になってくるわけです。
 例えば和風の応接間の場合、お客様がいらっしゃった時に必要な座ぶとんをしまっておくスペースがなかったとしたらどうでしょう。いちいち座ぶとんを収納してあるところから運び、また元の場所へ戻さなければなりません。これは時間的にもロスですし、上手な収納とはいえません。
 各部屋にはそれぞれ機能としての目的があります。台所は料理をするため、食堂は食事をするため、寝室は眠るため、といった具合です。収納にもそのことがいえるのです。目的に合わせた収納をすることが大切なのです。
 つまり、物は本来それを使う目的の場所に収納されていなければならないはずなのです。ちょっと考えてみても、食器が寝室に収納されていたり衣類が食堂に収納されていたりすれば、不便このうえないことになります。
 もちろん、今申しあげたようなことは極端な例で、実際にはあり得ませんが、多かれ少なかれ、目的の場所に収納されていないということはあるのではないでしょうか。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク