窓スペースを応用する

 窓について考えてみましょう。現在の住宅に使われている窓は、大きく分けて二種類です。腰窓とはき出し窓です。
 ご存知だと思いますが、下の部分が壁になっているのが腰窓、床まで全部開いているのがはき出し窓です。
 ところで、日本人の住まいに対する考え方を知っていますか。住まいの条件でいちばん希望の多いのは、窓の多い明るい家ということだそうです。たくさんの窓からさしこむ光のなかで生活するのが理想というわけです。窓の多い住宅が多いのは、そんな願いを反映してのことでしょうか。
 しかし、この窓も考え方によってはデッドスペースになるのです。例えば、こんな部屋を想像してみてください。四つの壁面のうち二方は窓です。そしてもう一方は廊下に通じるドア、残った一方は和室との境の襖になっています。
 さて、どうでしょう。極端に壁の部分の少ない部屋になるはずです。わずかな壁面には収納家具を置くことになってしまいます。すると、生活に使うための家具、例えばリビングセットやテーブルなどの置き場がなくなってしまいます。二方の窓がはき出し窓である場合にはさらに大変です。
 はき出し窓はその性格からして、出入口であることが多いものです。テラスやベランダ、庭などへ通じるところにあるのがふつうではないでしょうか。
 そして、出入りするためには、窓と家具の間にある程度の空間が必要になります。窓にピッタリつけて家具を置くことはできないのです。必然的に部屋の中央へ置かなければならなくなります。その結果、生活空間はぐっと狭くなるのです。
 このように窓、特にはき出し窓はデッドスペースになりやすいということを知っておきましょう。
 それでは、今あげた例などのような場合にはどうすればいいのでしょうか。二方が窓というのは採光の面では理想的なのですが、ここはひとつ意を決して、一方をつぶしてしまうことを考えることです。
 日当たりのよい方、少しでも長く光が入る方の窓を残して、もうひとつはあきらめる以外にはありません。ときにはこんな決断も必要なのです。もちろん、窓をつぶすことはいわば苦肉の策、設計段階から収納スペースの問題を考えていれば、このようなことにはならないのですが。

スポンサーリンク

 実際にはき出し窓をつぶした例についてふれておきましょう。その家はご主人と建築家が相談しながら建てたものでした。男性はほとんどの場合、収納のことなど考えないもの、この家もその例にもれず、いざ完成してみると収納スペースがたいへん少ない部屋ができてしまったのです。困った奥様は私のところに相談にみえたというわけです。
 この場合、窓の部分を収納スペースに作り変えてしまえばそれでいいのですが、ご主人の条件があったのです。それは、改装することはいけない、ただし、窓をつぶすのはかまわない、というものでした。この条件のもとでは、窓を改装して収納にというわけにはいきません。
 そこで私はユニット家具を利用することをアドバイスしました。低いユニットを窓の下に並べ、両側に高いユニットを置いたのです。
 はき出し窓は、見事腰窓に変身しました。もちろん収納スペースも充分です。そのうえ低いユニットの上は出窓ふうに使えるのですから、まさに奥様の望みどおりになったというわけです。もちろんご主人の条件も満たしています。
 このように考えれば、窓をつぶして収納スペースにするのは、それ程大仕事ではありません。こういう部屋の作りなのだから仕方がない、今度新築するときまでがまんしよう、などとあきらめないでください。収納上手になるためには、あきらめは禁物です。
 今ある条件のなかでも、収納スペースを増やす方法がきっとあるはずです。それを発見するのが収納上手な主婦なのです。
 さて、腰窓についても述べておきましょう。腰窓は、はき出し窓に比べてずっと便利です。
 ソファーの背をつけて置くこともできますし、収納スペースも簡単に増やせます。床から窓の下までの高さのユニットを置くだけでいいのです。ユニットの上にマットでも敷けば、ソフアーとしても使えることになります。
 前に述べたソファーの下を収納にという考え方の逆です。つまり収納の上をソファーにしてしまうわけです。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク