リビングセットのスペースの応用

 収納専用のスペース以外で、デッドスペースになっている場所を利用することも考えてみましょう。ベッドの下、ソファーの下、リビングセットの下などがそれです。各部屋に固定して置かれてある家具の下をすべて調べてみてください。ここは収納スペースになりそうだ。という場所がいくつか発見できるに違いありません。家具の下が空いていれば、工夫次第で必ず収納スペースに変えることができるはずです。
 例えばリビングセットです。リビングセットの長椅子(脚で支えられているもの)の下は、利用しない手はありません。ただし条件があります。壁にピッタリ背をつけて置かれていることです。部屋の中央付近に置かれている場合などは、収納した物が後ろからまる見えになってしまいますから無理です。
 さて、長椅子の下を収納スペースにして、座ぶとん、箱などを収めました。後ろは壁ですから問題ありません。問題は前です。来客があって、長椅子に向かい合って座りました。ふと眼を長椅子の下へ。さあ大変、座布団や箱などが詰め込まれているのが分かってしまいます。これはあまり気持ちのよいものではありません。収納の点でも減点です。もうひと工夫しなければなりません。あなたなら、どんな方法をお考えになりますか。
 長椅子全体にカバーをかけてしまうのはどうでしょうか。そして、カバーの裾を少し長くしておくのです。そう、下に収納した物が隠れてしまうくらいの長さです。これならば、来客があっても平気です。きっとすっきりした部屋の収納ぶりに感心するかもしれません。あなたのアイディアの勝利だといえるのではないでしょうか。しかも、収納とは直接関係のないことですが、カバーをかけてしまえば、直接椅子の張り布が汚れることもありませんし、カバーなら汚れた時の処置が簡単です。この長椅子の下の利用法も効果的なデットスペースの使い方ですが、もっとうまい方法はないでしょうか。アイディアは無限に広がるものなのですから、これで満足ということはないはずです。あなた自身で考えてみてください。私のアイディアをひとつ紹介しておきましょう。
 長椅子の下のスペースに合わせて箱を作ります。そして、その箱の下にキャスターを付けるのです。
 これだと低い位置でも出し入れがらくにできます。

スポンサーリンク

 収納を考えるうえで重要なポイントになることのひとつに、物の形と量があります。これをしっかりと把握していなければ、スペースも考えられませんし、収納方法も決められません。
 形と量が分かってはじめて、押入れに収納するのがいいのか、棚がいいか、あるいは引き出しがいいのか、ということが決められるわけです。
 物の形といっても実にさまざまです。同じ形の物は二つとないといってもいいくらいでしょう。どうしたら形の不揃いな物を上手に収納できるのでしょうか。
 それには形の揃った物のなかに、不揃いな物を入れ、全体として形を揃えてしまうことです。たとえば、分類した物ごとに形の整った箱に分けて入れてしまうのです。
 そうしてできあがったいくつかの整った箱ならば、スペースを考えるのも楽ですし、方法も決めやすいはずです。昔からある茶箱や、現在の衣装ケースなどは、形を整えて収納をスムーズに行なうためのものだといえるでしょう。
 ただし、どんな箱に揃えるかということも、収納の上手、下手に大きく影響することを知らなければなりません。形が揃っているからといっても、深い箱では下にしまった物を出すのが大変です。使いやすさを考え合わせながら、どんな箱に揃えるのかを決めなければ意味がありません。
 ここでひとつ疑問が起こるかも知れません。同じ形の箱に収めてしまったら、どこに何か入っているか分からなくなるのではと。
 それはそうです。ぴったりと収納スペースに収まってはいるけれど、どこに何か入っているのかがひと目でわからなければ困ります。そこでいろいろ知恵を働かせてください。箱を色で分けるのもひとつの方法です。
 赤は冬物の衣類、青は夏物といった具合にすれば、迷うことはありません。また、カードに何か入っているかを記入して、箱の見えるところに貼っておくのもいいでしょう。
 さて、あなたが収納に対して抱いていた誤解は取りのぞかれたでしょうか。あなたのなかで収納のイメージが変わってはきませんか。少しでも、イメージが変わってきていれば、あなたは収納上手な主婦に向かって、大きく前進したことになるのです。
 収納って思った程、難しいことではないのかも知れない。何だか楽しみながら収納を考えられそうだわ。
 そんなふうに感じてくださっているとすれば、私が意図したことは、100%あなたに理解されていると考えてもよさそうです。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク