収納と飾り方

 物も整理したし、収納スペースも100パーセント生かして使っている。でもまだ収まりきらない。そんな場合もないとはいえません。何かうまい解決法はないでしょうか。
 今まで述べてきたのは、収納専用のスペースについてでした。それが限界だとしたら、それ以外のスペースを収納に利用することしか方法はありません。
 例えば、しまわなければならなかった物を、しまわずにすませるようにするのも、ひとつの方法です。
 押入れの奥にしまい込んでいた飾り皿や花びんなどを、インテリアとして飾るようにすれば、それは一種の収納ともいえるのです。飾りとして置いてある場所が、すなわち、その飾り皿や花びんの収納スペースになるわけです。
 また、間仕切りを利用することもできます。部屋と部屋とを区切るだけの機能しかなかった間仕切りに、収納スペースとしての機能を与えてやるのです。
 間仕切りをすべて棚にしてしまえば、かなりの収納スペースになるのではないでしょうか。書棚として使ったり、小物類を収納したり、あなたのアイディアを生かして、どんなふうにも使うことができるはずです。
 そのうえ、従来の間仕切りに比べて遮音効果もよくなりますから、一石二鳥というわけです。
 その他にも、収納スペースとして利用できるところがあるはずです。各部屋をじっくり見まわして、あなた自身で考え、工夫してみてください。どんなところでも収納スペースに利用してしまおう。そんな意気込みがあれば、収納上手になるのはもうすぐです。

スポンサーリンク

 収納家具について少し説明しておきたいと思います。収納家具とひと口にいっても多種多彩です。家具売場に行けば、それこそいろいろな形、大きさ、色調のものが眼につきます。しかし、その機能から大きく分けることができるのです。
 棚、箱、引き出しがその三つです。どんな収納家具も必ず機能を持っています。収納目的に応じて、三つのうちのどれを選ぶかが、いちばん重要な問題となってくるのです。
 棚を選んで買ってしまったけれど、箱の方が使い勝手がよかった、などということにならないようにしなければいけません。
 何をしまうか、どんな形の物か、どんな使い方をするか。まずこの三つのポイントを決めることが必要です。
 そうすれば、自然にどの収納家具がいちばん使いやすいかが分かるはずです。
 それから、棚、箱、引き出し、それぞれの機能を持った収納家具の組み合わせを考えることになります。この組み合わせこそが、収納のシステム作りなのです。
 上手な収納ができるかどうかは、実はシステム作りが上手にできるかどうかということにかかっているのです。
 あなたの家庭の物を収納するためには、棚、箱、引き出しをどう組み合わせるのがいちばんいいのか、あなた自身でシステム研究をしていただきたいものです。
 そのときこそ、収納のポイントである。点検が、役立つはずです。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク