子供部屋の収納

 子供の部屋の収納では、自由な収納ということがポイントになります。
 ある程度子供の自主性にまかせた収納を考えるということです。そのためには、子供自身が自分で物を出し入れできる収納、自分で自分の物を管理するクセのつく収納、この二つを踏まえることが必要です。
 きちんと収納してあるとしても、それが母親の手によるものでは何にもなりません。子供自身が楽しく収納できる方法でなければ、逆効果になってしまうのです。

スポンサーリンク

 子供部屋でいちばん量的に多いもの、おもちゃの収納から考えていきましょう。
 おもちゃといっても、その種類、型はさまざまです。ぬいぐるみ、積み木、絵本、電動玩具、どこの家庭でも、子供部屋はさながら、小さな、トーイショップのようなものではないでしょうか。
 これらのおもちゃの収納場所を、細かく決めるとします。ぬいぐるみはここ、積み木はあそこ、という具合です。この方法で上手な収納ができるでしょうか。私はできないと思います。
 おもちゃを種類や型で分類して、それぞれの収納場所を決めておけば、たしかにきちんとした収納ができるかもしれません。
 しかし、それはおとなの考え方ではないでしょか。子供たちの声を聞いてみましょう。ぬいぐるみはどこだったかなぁ、積み木はここじゃなかったかしら、面倒くさい。もうしまうのはママにまかせちゃおう。
 これが子供たちの正直な気持ではないでしょうか。あまり厳格に収納場所を決めてしまうと、片づけること自体が嫌になってしまうのです。
 第一、収納場所を覚えるだけでも大変です。ですから、子供部屋の収納は、できるだけ大雑把に決めるのがポイントになります。大きな箱を用意して、おもちゃは全部そのなかにほうり込むというようにすれば、小さな子供でもできます。
 物を分類、整理して収納するのではなく、ひとつのスペースに集めさせるというくらいに考えるべきではないでしょうか。
 私達おとなの収納の概念を、子供にそのまま押しつけても、無理というもの。子供の年齢に応じて段階的に考えることが大切です。
 位置の問題も考えなければなりません。子供の手の届かない高い所や、しまうのに苦労するような位置に収納スペースを作ったのでは、意味がありません。動かしやずく、しかも手が届きやすい所に収納スペースをとることです。
 動かしやすくするという点では、キャスターなどを利用すればいいのです。
 ある程度おもちゃの種類がわかる年齢であれば、箱を色分けして収納させるのもいいと思います。ぬいぐるみは赤い箱、積み木は青、絵本はグリーンというふうに。
 少なくとも子供が小学校入学以前の段階では、このように自由な束縛感のない収納を実行して、片づける癖をつけることが大切です。そして小学生になったら、徐々に分類や自主的な収納の習慣をつけさせていくことです。
 ここで少し子供用家具について考えてみたいと思います。
 子供がいる家庭なら、どこでも必ずといっていい程、あるのがベビーダンスです。
 赤ちゃん誕生のときに購入するわけです。そしてそのなかに、赤ちゃん用の衣類をすべて収納するのですが、果して、このベビーダンスは絶対に必要なものなのでしょうか。
 私は少し疑問に思っています。なぜなら、子供がある程度成長すると、ベビーダンスはほとんど使いみちがなくなってしまうからです。はっきりとベビーダンスは必要ない、と断言する人もいるくらいです。私はそこまで強くいうつもりはありませんが、多少応用の効く家具を選んでほしいとは思います。
 純然たるベビーダンスではなく、大きくなってからも使えるものの方が、ずっと合理的ではないでしょうか。
 大きくなってから使えるものなら、工夫次第で小さいときにも使えますが、逆ではそうはいきません。
 衣類を吊るパイプの位置を変えるなど、いろいろなアイディアを生かしてみてはいかがでしょうか。
 子供のための家具を揃えるよりは、その分、空間を広く空けて、遊ぶ場所を作ってあげることの方が、子供にとってはよほどうれしいに違いありません。
 また、独立した子供部屋がとれない場合もあると思います。
 現在のような住宅難のわが国では、むしろその方が多いかも知れません。
 その場合は、部屋の一部分が子供のためのコーナーになるわけです。スペースに余裕がないのですから、子供用家具を置くことはやめて、かわりに、家族の家具の一部を、子供が使いやすいように改造するとよいでしょう。
 勉強のための机や本棚なども、なるべくスペースをとらないものを選ぶようにしましょう。
 例えば、椅子が机の下にすっぽりと収まってしまうようなものや、引き出し式のライティングデスクなどを利用するとよいと思います。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク