台所食堂の収納

 台所の収納はなかなか大変です。主婦の多くが台所の狭さを嘆くのは、それを物語っています。台所に必ず収納される物といえば、調理器具です。調理器具はふつう厨房セットのなかに収納されています。さて、あなたの家庭の台所を見てください。調理器具はすべて厨房セットのなかに収まっていますか。鍋やフライパンが外に出ているのではありませんか。
 ほとんどの場合、調理器具のいくつかは外に出ているものです。なぜなら厨房セットのなかにすべて収納してしまうと、使いにくいからです。
 厨房セットのなかにすべてきちんと収納されていて、外には何も出ていないのが収納の理想なのに、どうしてそうなってしまうのでしょうか。
 原因としてまずあげられるのは、厨房セットそのものが、収納スペースとしてよく考えられていないことです。
 棚板の間隔が広すぎるために、鍋をいくつも重ねてしまわなければなりません。そうすると、出すときが大変です。重なった鍋を一度全部取り出して、目的の鍋をはずし、また元に戻す手間がいるわけです。これでは外に出しておいた方が、使いやすいことになります。
 そこで棚板を増やすことが考えられます。鍋がひとつずつ収納できる間隔に、棚板を作っておけば、出しにくさは解消されます。台所の収納ではどの部屋よりも出しやすさが大切です。あなた自身で調理をしているときのことを思い浮かべてみてください。
 調理器具をつぎつぎ出しながら、また、しまいながら調理するのではありませんか。ですから、出しやすく、またしまいやすくなければ収納としては落第なのです。

スポンサーリンク

 あなたの調理の手順を考えた場合、鍋はどこに置かれているのがいちばん使いやすいか、さらにフライパンは、包丁は、箸はどうかなどと検討してみてください。それが台所の上手な収納を行なうための基本になるからです。
 さて、台所の収納の基本は分かりました。ところが、先程も述べたように現在ある厨房セットは収納のためには充分とはいえません。むしろ不便このうえないといってもよいくらいなのです。
 調理台、流し台など、それぞれ型がほぼ決まっていて、流し台の下には両開きの扉、扉を開ければ、ただ棚があるだけですし、調理台の下は一段が引き出しで、その下が開き扉という具合です。
 あなたがせっかく、調理の手順に基づいて器具を分類、整理したとしても、肝心の収納スペースがこれではどうしようもありません。分類、整理の結果、調理台の下はすべて引き出しの方が都合がよいということが分かっても、市販の画一的な製品には、それが望めないのです。
 しかし、解決の方法がないわけではありません。システムキッチンを利用すれば、どのようにでも思い通りのセットが組み合わせられるからです。ここで、システムキッチンについて簡単に説明しましょう。
 システムキッチンという名前をよく聞くけれど何故高いのかなど、システムキッチンについて知りたいという要望がずいぶん多いのです。システムキッチンはもともと箱なのです。
 その箱のなかに必要な棚、引き出しなどを自由に組み合わせることで、ひとつのセットを作るわけです。ですから、必要に応じて、どのようにでも作れることになります。
 しかし、一般のセットに比べてかなり高価です。そのあたりの兼ね合いが問題になるでしょうが、自分自身の動き方を知ったうえで、調理器具の分類、整理が完全にできている人にとっては、便利このうえないものといえます。
 いいかえれば、分類、整理ができていなければシステムキッチンを使いこなすことはできませんし、システムキッチンにする意味もないのです。使いこなせる人だけが、便うべきもの。システムキッチンはそういうものだといえそうです。
 システムキッチンが便利なことは分かっているけど、高価すぎてとても。
 それも無理からぬ意見です。現在、使っている厨房セットをもっと使いやすくする方法はないものでしょうか。
 先程述べた棚板を増やすのも、ひとつのアイデアです。ふつうの厨房セットのなかに入れる棚が市販されていますので、それらを利用すれば、かなり使い勝手がよくなるはずです。
 台所に収納する物のなかには、細かい物がたくさんあります。どれも調理には必要な物なのですから、使う頻度と形によって使いやすく分類することが大切です。
 毎日使う物はすぐ手の届くところに収納し、そうでない物は吊り戸棚などに収納するようにすれば、使い勝手の点てロスが少なくなるのではないでしょうか。
 もうひとつ、再三述べてきたことですが、物を増やさないことにも、注意してほしいものです。特に台所用品は増えやすいもの、自分自身でほんとうに必要な物かどうかを、慎重に見極めなければいけません。
 台所で使う電気製品の収納も考えなければなりません。トースター、ジューサー、ミキサーなどの電気製品は、ほとんど毎日使うものです。ですから、すぐ使えるような位置に置くことがポイントになります。
 ハッチなどを作り付けて、その上に置くようにしたり、扉付きの棚に収納して、扉を開ければ、そのまま使えるようにするなど、工夫していただきたいと思います。
 できるかぎりその位置で使えるようにするのが上手な収納といえるでしょう。つまり、よく使うだけに、収納してある場所からわざわざ出してこなければならないのは、面倒のもと。そのうち使わなくなってしまうということです。
 調味料入れの収納について考えたことがあるで、調味料入れなんて、収納する必要がないのじゃないかしら、食堂のテーブルの上にいつも出しっぱなしにしているわ。
 ほとんどの人がこう考えているのではありませんか。しかし、形がそれぞれ違ったぺ。パーやガーリック、塩などの容器がたくさんテーブルの上にに並んでいるのは、あまり感じのよいものではありません。まとめてひとつの容器に入れ、簡単に持ち運べるようにしておきたいものです。
 また、なかが収納スペースになっているテーブルもありますので、そんなものを利用するのもいいと思います。テーブルで使う調味料をテーブルのなかに収納するのですから、まさに目的の場所に収納するという原則にぴったりです。
 台所と食堂の収納は何といっても食器棚が、いちばんの大物です。食器棚を機能的な面からいうと、二種類に分けられます。
 ひとつは食器がぎっしりと収納されている食器棚、もうひとつは飾りとしての要素が強い食器棚です。
 この二つの機能の違いによって、本来なら置く場所を変えるべきなのです。ぎっしり食器の詰まった実用的なものは台所に、飾りふうのものは食堂に、というのが理想ではないでしょうか。
 日本の食事は、調理した料理を食器に盛ってから、食堂に運ぶわけですから、食器が収納されている食器棚は台所にあった方が使い勝手がいいわけですし、食堂の食器棚は実用よりは雰囲気作りとして、それ自体が一種の飾りになるものの方がいいわけです。
 食堂の食器棚のなかには装飾的な食器の他、テーブルクロス、ナプキンなどテーブルメイキングに必要な物を収納するにとどめたいものです。
 ダイニングキッチンといわれる台所と食堂がワンルームになった間取りが結構多いのです。ダイニングキッチンは、たしかに調理したての料理をすぐ食べられるという利点があるようです。ジュウジュウと音をたてている焼きたてのステーキや、あげたての天ぷらなどは、一刻も早く食べた方がおいしいのは当然です。
 しかし、私は台所は独立している方がいいと考えています。調理には油を使う機会も多く、周囲はかなり汚れるものです。ワンルームの場合には、食事をする場所まで汚れてしまいます。
 また、流しのすぐそばにテーブルがあるのは落ち着かないものです。
 実際、台所と食堂を仕切りたいという声も聞かれるようです。そんなときには、ただ仕切るというのではなく、台所側は実用本位に、食堂側は飾りのスペースになるような工夫をするのがいいでしょう。
 最後に冷蔵庫とストッカー(食品庫)についてふれておきましょう。近ごろ盛んに大きめの冷蔵庫がもてはやされているようですが、ほんとうに使い勝手がいいのでしょうか。
 外国では冷蔵庫はかなり大きなものを使っているようですが、それには理由があります。外国の主婦が買いものに行くのは、週に一度くらいです。それで一週間分の食料をまとめて買ってくるわけですから、冷蔵庫は大きめものでないと困ることになります。
 ところが日本の主婦は、二〜三日に一度くらいは買いものに行くのではないでしょうか。毎日行く人だって結構いるはずです。だとすると、それ程大きな冷蔵庫は必要ないのではありませんか。スペースが無駄になったのでは意味がありません。
 それどころか、大きすぎるために、実に収まった物が見えなくて、二重買いをしてしまったりすることさえないとはいえません。自分の家庭の生活様式に合わせたものを選ぶべきです。
 ストッカーには、小麦粉、油、しょう油などを収納するわけですが、何か入っているかを確実に知っておくことが大切です。奥の物を忘れて二重買いしたり、あると思った物がなかったりなどということがないようにしてほしいものです。扉にストッカーのなかの物をリストアップした紙を貼っておくようにすれば使いやすいでしょう。
 ドイツの主婦は、週に一度ストッカーのなかを点検して、なくなったものは買い足すようにしているようです。これはぜひ見習いたいことです。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク