洗面所の収納

 洗面所の収納家具といえば、まず、洗面台が思い浮かびます。この洗面台はできるだけ収納スペースの多いものが便利です。洗面に必要な物は、ハブラシ、ハミガキ粉、コップ、石けん、タオルなどのように、形もさまざまで小さな物がほとんどです。そのために、外に出しておくと、乱雑な感じになってしまうのです。ですから、扉のある洗面台にすべてを収めてしまうようにすることを考えてください。
 また、洗濯機も洗面所に置かれている場合が多いようですが、洗面所のスペースはどの家でもそう広くありません。洗濯に使う洗剤類の収納場所も必要で、これも洗面台に収納できれば理想的です。

スポンサーリンク

 さて、洗面所の収納はこれだけでしょうか。現在の住まいの間取りでは、洗面所、浴室、トイレは同じ箇所にある例が多いようです。
 そこで私はもうひとつ、洗面所に収納する方が使いやすい物があるような気がするのですが、あなたはお分かりになりますか。
 それは下着類です。従来の収納では、下着は寝室あるいは各部屋に収納されているはずです。
 ですから入浴のときには、寝室あるいは各部屋から新しい下着を持って浴室に行き、入浴後、着がえることになります。汚れた下着は、洗濯してまた各部屋ごとに収納しなければなりません。
 ところが、洗面所に下着が収納されていれば、かなり手間が省けることになります。まず、着がえのため下着を持っていく必要がなくなります。入浴がすんだら洗面所の下着収納スペースから下着を取り出して、着がえればいいわけです。洗濯後もまとめて洗面所に収納すればいいわけですから、家族の各部屋をまわって、下着を配って歩く必要もないわけです。
 洗面所にもしスペースがあれば、リネンロッカーでも置いて、下着を収納するようにすることを考えてほしいと思います。
 各人の専用引き出しを決めておけば、さらに便利ですし、洗濯する必要のある物はいちばん下に放り込む、というようにすればいいのではないでしょうか。
 ただし、湿気には充分注意が必要です。開口部がないと、せっかく洗濯して乾燥しておいても、湿っぽくなってしまいます。換気の点など、空気の流通がよくなる工夫をすることが大切です。
 物置というと収納にとって、これほど強い味方はないと考えがちですが、それは大変な誤解です。
 とにかく物置が収納の逃げ場だという考えは捨ててください。何でもかでも家のなかに収納できない物は、物置へ入れてしまうというのは危険です。これではいつまでたっても上手な収納などできるわけがありません。
 物置のデメリットとしていちばん大きなことは、住まいから離れているということです。
 それは出しにくさにつながります。物置にあるのは分かっているのに、出すのが面倒だから使わない、ということが多いのではないでしょうか。物は使わなければ価値がありません。ただ物置に眠っているだけの物は。死蔵品なのです。
 物置には、物を死蔵品にしてしまう可能性があることを知っておきましょう。
 ですから、物置に収納する物はよく検討しなければなりません。
 使う頻度が少ないことを確かめてから、収納すべきです。暖房器具や冷房器具など、ある季節にだけしか使わない物や、二年以上もまったく使わなかった物だけを収納するようにするのが理想といえます。
 物置きの形にも問題があります。どれもかなりの奥行きがあるのがふつうですが、収納にとっては奥行きが浅い方がよいのです。出し入れしやすいことはもちろん、物置のなかが明るくなりますから、物を探しやすいのです。
 また、奥行の深い物置は通路を作っておくことも大切です。奥の物を出すために、前の物を全部出さなければならないようでは困るからです。
 私の知っている人に、うまい物置の工夫をしている家庭があります。
 その家庭では塀を物置に利用しているのです。塀に沿って30cmの奥行きの収納スペースを作り、物置にしているのですが、これなら、出し入れも簡単ですし、収納量も市販のものとは比べものにならないくらい多くなります。いままでの物置の概念にとらわれないすばらしいアイディアだと思います。
 そして、物置があるから百万の味方を得たとばかり、物を増やすことだけは、絶対につつしんでほしいのです。たちまち物が入らなくなってもうひとつ物置を、ということにもなりかねません。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク