洋服だんす

 現在ある洋服だんすは、二種類のシステムに分かれています。ひとつは、昔からよく見られるものですが、たんすの中央に横にパイプを渡してあるものです。つまり、扉に対して洋服が縦にかかっているシステムのものです。この場合、タンスの奥行きは最低60cm必要になります。男性の背広の幅が基準になっているわけです。
 ここでちょっとタンスを置く部屋の状態を考えてみましょう。
 おそらくどの家庭でも、たんすをいくつか同じ部屋に並べているのではないでしょうか。洋服だんす、和だんす、整理だんすなどを横一列に並べて置くというのがふつうです。
 さて、並んでいるたんすはどうなっているでしょうか。たんすどうしの表面は水平になっていますか。そうではなく凸凹になっていると思います。それぞれのたんすの奥行きが違うのですから、当然です。
 犯人は洋服だんすではないでしょうか。最低でも60cmの奥行きが必要な洋服だんすなどは他のたんす類と並べるとどうしても飛び出してしまうことになります。
 並んだたんす類の表面が凸凹になっているということは、私達が感じる空間の広さに微妙な影響を与えます。
 何となくすっきりしない、狭い感じがする、そのように感じるのではないでしょうか。
 表面がきれいにそろっていた方が、ずっとすっきりした感じになりますし、部屋を広く感じさせるものです。そのためには、洋服だんすの奥行きを他のたんす類の奥行きと同じにすることが必要になってきます。
 それでは、他のたんす類の奥行きも60mにすればいいわけね。という人がいるかも知れません。
 もちろん、それでも表面は揃います。しかし、他のたんす類に、60cmもの奥行きが必要でしょうか。かえって使いにくくなってしまうのではありませんか。
 間口を広く奥行きを浅く、というのが収納の原則でしたね。そうすると、洋服だんすの奥行きを浅くするというように考えた方がよさそうです。

スポンサーリンク

 そこで考え出されたのが、スライドハンガーを使った洋服だんすです。これがもうひとつのシステムというわけです。
 このシステムの場合は、洋服は扉に対して正面に掛かることになります。これならば、洋服の数によっていくらでも奥行きを浅くすることができます。ふつうは奥行きが45cmになっていますが、従来の物に比べて、15cmも奥行きが浅くなるわけですから、並べたときにすっきりした感じになります。
 奥行きが浅くなったのはいいけれど、その分収納量が減ったのでは困るわ。
 衣装持ちのあなたは、そんな問題点を指摘なさるかも知れません。それではスライドハンガーを使った洋服だんす(開講50〜60cn、奥行き45cm)にどのくらいの洋服が収納できるかを説明しましょう。
 男性の背広9枚というのが平均的な収納量といえます。従来の洋服だんすのスペースを考えれば、このシステムのもの2本がそれに相当します。ですから9枚×2=18枚が、従来の洋服だんすと同じスペース(奥行きは15cm浅い)の収納量ということになります。
 さて、従来の洋服だんすの収納量はどうでしょうか。あなた自身で実験してみてください。おそらく15枚も収納できないのではないでしょうか。
 スペースの無駄という点でも、従来の洋服だんすはスライドハンガー式のものに劣ります。
 男性の背広をかける場合、その下の部分は空くわけですが、奥行きが60cmもあると何を収納するにしても深過ぎて使いにくいものです。
 スライドハンガー式の洋服だんすが、収納量の点でも、スペースの点でも、すぐれていることはおわかりになったと思います。新しく洋服だんすを購入するときは、ぜひそのことを頭に入れておいてほしいと思います。
 また、最近では、従来のパイプ式のもので、奥行き45cmの洋服だんすも市販されています。普通サイズならば、背広でも充分収納できます。
 しかし、洋服だんすは、そうたびたび買い替えるというわけにはいきません。現在あるものが従来の奥行き60cmの洋服だんすだからといって、洋服だんすに関する上手な収納をギブアップしてしまっては困ります。
 与えられた条件のなかで、最大限上手な収納を考えることが大切なのです。
 では、従来の洋服だんすについて考えましょう。いちばんのポイントは、背広をかけたときに空く、下のスペースを徹底的に利用することです。
 洋服だんすの高さは、コートが掛けられるように作られています。ですから、背広を掛けた場合は、その下にかなりのスペースが空くことになります。もし、背広だけを掛けるとすれば、その下はすっかり空くことになり、何かに利用できそうです。
 しかし、実際には、コートやワンピース、背広などが掛けられていて、まとまったスペースが空いていない場合が多いのです。これではデッドスペース以外の何物でもありません。
 洋服だんすの下をすっかり空けてしまえないものでしょうか。消去法で考えれば簡単です。下までスペースを使ってしまっているものを取り除けばいいのです。
 コート類、ワンピース類、ジャンパースカート。それらの衣類を、ひとまず洋服だんすから出してみましょう。
 これで下の部分がすっかり空いたのではありませんか。ひとつの収納スペースとして使えるようになりました。
 そこで、その部分に棚を作ることを考えてみてはいかがでしょうか。パイプを組み合わせたり、棚板を買ってきて日曜大工仕事として簡単にできるはずです。そうすれば、今までまったく使われていなかった場所に、かなりの収納スペースができることになります。
 または、ボックス家具を利用してもいいのではないでしょうか。使わなかった空間が見事に生かされたのですから、収納の原則からいっても100点といえるのではないでしょうか。
 さて、洋服だんすから外へ出してしまった衣類のことも考えなければなりません。これらの衣類は長い物ばかりです。
 あなたの衣類全体のパーセンテージからみると、どのくらいの割合を占めているでしょうか。コート類は季節のものですから、それほど多くはないはずです。ワンピースや、ジャンパースカートはどうでしょうか。
 一度検討してみてください。そして、全体からみてそれほど多くないのであれば、洋服だんす以外に収納することを考えてみましょう。
 つまり、衣類を長さによって分類し、洋服だんすには短いものを、長いものは他の収納スペースヘ、という考え方です。
 では、長いものはどこへ収納すればいいのでしょうか。もし、玄関にスペースがあればロッカーを置いて、そこに収納するのがいちばんいいと思います。玄関にはとてもそんなスペースがないという場合には、他の部屋に収納することを考えてみてください。
 また、長いものを他に収納しなくても、次のようにすれば、洋服だんすの下の空間の一部分を収納スペースとして利用することができます。長いものを一方の端に寄せて掛けるのです。そうすれば、短いものの下にまとまったスペースができるでしょう。そこに前述したようにボックス家具などを置けば、小物の整理、収納として充分使えるようになります。
 ただし、その場合、衣類は必ずもとの場所に戻すことが大切です。

住まい暮らし生活
収納スペース/ 収納と整理/ 家族に必要な収納スペース/ 収納目的/ 収納位置/ 収納の基本/ 収納前の整理/ 家具と床面積の割合/ 食器になぜ来客用と家族用があるのか/ いい食器を日常的にも使う/ 収納と分類/ 空いているスペースはすべて使う/ 窓スペースを応用する/ リビングセットのスペースの応用/ 収納と捨て方/ 収納と飾り方/ 玄関の収納/ 居間の収納/ 子供部屋の収納/ 台所食堂の収納/ 寝室の収納/ 洗面所の収納/ 食器棚の収納/ 洋服だんす/ 整理だんす/ 書籍の収納/ 押入れには四通りの使い方がある/ ユニット家具/ 新築時の収納プラン/ 家具を壁の一部にした設計プラン/ 改築時の収納プラン/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク