軒裏に現れる現象と補修工事

 軒天井は屋根の勾配なりに張ってあるものと、水平に張ってあるものとがあります。張ってある材料は耐水合板や各種のボード類、あるいは小幅板やラスモルタル塗りのものもあります。そしてその上を塗装や吹付けで仕上げてあります。
 また、破風板や、鼻隠し仮および軒樋などと一体になって、軒先をかたち造っています。
 たいていは気がついてみたら、軒天井に染みができているのを発見したというケースが多いようです。浴室の窓の上の軒裏に早朝など水滴が見えたり、それが冬季の場合は凍りついて霜状になっていることもあります。そのような状態が続いている聞に、軒天井の材料が反ったり剥がれたり、また時には内部の壁に染みが出たりしてきます。
 鼻隠し板や垂木の腐れも発生しますが、これは点検をまたなければ分らないでしょう。

スポンサーリンク

 軒裏は屋根の下流に位置していますので、屋根に起る現象が集約する所です。特に軒天井を張ってあるものの方が、現われる現象も顕著なものがあります。いつもはあまり注意していない所なので、点検がおろそかになりがちですが、現象の原因はなかなか複雑なものがあります。
 屋根での雨漏りが下に流れてきて最終的に軒高に現われたものや、軒先に見られる局部的な雨漏りもあります。後者は軒の出が割合に長い場合、人間が上にのって軒先が下に垂れて、屋根材や防水紙が破れた時に起ります。
 軒樋でも特に内樋が、大雨の水を排水しきれない時に溢れた水が軒の中に浸入したり、流し樋の落しロの飛沫がかかって、鼻隠し板が腐ったりします。
 このほかに冬季の結露によるものが考えられます。浴室の窓から湯気が表に出て、冷えた軒高に当って水滴ができたりします。外部から見えるものはまだ始末によいのですが、この結露が野地板の裏にできて、軒天井に水滴が落ちてきたものは、なかなかやっかいな問題を含んでいます。
 浴室や台所から、天井や壁の隙間を通って昇る水蒸気を含んだ空気が、冷えた軒高の野地板に接して結露して水滴となり、それが落ちて軒天井を濡らします。夜中雨天でもないのにポツポツ音がして、翌朝いくら調べても原因がわからないという場合があります。
 まず現象の現われた個所の屋根の雨漏りを調べます。樋の場合は雨の後で梯子に昇って樋の様子を見たり、錐などで鼻隠し板を突いて腐朽の程度を調べます。
 それでもわからない時は、前記のような結露を考えてみます。ことに浴室や台所の上部に当る天井裏を調べて、結露の有無を確かめて下さい。また、軒天井の内側を見るには、天井裏から見えない時もありますから、外部の軒天井に改口を設ける必要があるかも知れません。これは継続して点検をする場合に役に立ちます。
 補修工事は軒天井を張り替えたり、塗り替えたりする前に原因を確かめてそれを直します。結露が原因の場合は水蒸気の発生する個所との完全な遮断が肝心です。また、屋根裏の換気に注意します。
 なお改口を作る時は、有穴ベニヤや有穴ボードをビスどめにしておくと、換気孔にもなって便利です。

住まい暮らし生活
瑕疵担保責任について/ 瑕疵担保の期間/ アフターサービス基準/ アフターサービス工事/ アフターサービスとアフターケア/ 住まいの構造と現象/ 基礎の故障と補修工事/ 地盤について/ 在来工法の木造住宅の構造と現象/ 床や壁際に現れる現象と補修工事/ 屋根の構造と材料/ 屋根で現れる現象と補修/ 軒裏に現れる現象と補修工事/ 雨樋に現れる現象と補修工事/ 外壁に現れる現象と補修工事/ 外壁について/ 住宅の内装で現れる現象と補修工事/ 住宅の床に現れる現象と補修工事/ 建築材料について/ アルミサッシや雨戸で現れる現象と補修工事/ アルミサッシについて/ 室内の開口部と建具に現れる現象と補修工事/ 内外塗装で現れる現象と補修工事/ 塗料の種類/ 雨漏りの点検と補修/ 住宅の維持管理/ 住宅の補修工事/ 住宅の防湿/ 住宅の防虫/ 増築工事/ 住宅の結露/ 住宅の断熱/ 住宅の通気/ 風の性質/ 住宅の防災/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク