塗料の種類

 木造住宅で使用する塗料を中心に、その成分の構成を簡単に説明してみましょう。
 下地面に塗った塗料の中で、最後まで残る成分が塗膜になります。塗膜になる成分は次のような種類があります。
 油性ペイントの塗膜、天然の植物油や、油で処理した合成樹脂等が空気中で化学変化を起して、次の顔料とともに皮膜となります。
 水性ペイントの塗膜、合成樹脂のコロイド状の微粒子が、水の蒸発した後に皮膜として残ります。
 その他の塗膜、天然樹脂系のものが溶剤が揮発した後、皮膜となります。
 油性や水性の塗料に混合する色素を、顔料といっています。小部の補修などで色を調整するには、前者は油絵具、後者は水彩絵具のような色素を用います。
 塗料を塗りやすい適当な濃度にするために溶剤を入れます。これをシンナーまたはウスメ液などといいます。油性塗料の場合は、テレビン油またはミネラルスピリットというウスメ液を使い、水性塗料の場合は水ということになります。また、天然樹脂系のものにはそれぞれ特殊なウスメ液があります。ただ家庭塗料用に市販されているウスメ液は、各メーカーがまちまちに名前をつけているので、注意して購入して下さい。まちがいますと、もとの塗料をむだにしてしまいます。
 溶剤は塗料が乾燥してゆく過程で蒸発してしまって後には残りません。

スポンサーリンク

 次に使用するウスメ液の種類によって、塗料を分類してみます。
 ミネラルスピリットまたは少量の灯油を使用するもの。
 油性調合ペイント昔からいわれているペンキのことです。ボイル油すなわち大豆油や桐油およびアマニ油などの植物油の処理したものを入れて作ってあります。
 住宅の内外、特に浴室とか鉄製品の個所に使用されています。ただしモルタル塗りの部分 のアルカリに対しては弱い欠点があります。
 合成樹脂調合ペイント、最近では油性ペイントにかわってよく使われています。天然油のかわりにフタル酸樹脂等を油で処理したものを使用しています。塗膜は天然油の方がよいようですが、普通の使用には差しつかえありません。
 オイルステン、塗装でステインというのは染料を使用して木材を着色することですが、住宅の木部に使う場合は、前記の油に顔料を少量混ぜたものをオイルステンといっています。油はボイル油と灯油等を半々くらいに混ぜてあり、これをプリマオイルといいます。
 油性ワニス、天然の樹脂を前記の油で溶いたものです。ステインの上に後って光沢のある皮膜を作ります。松脂から作るスパーワニス等があります。
 油性ポリウレタン樹脂、前記のワニスやラッカーにかわって広く建物の内外に使用されています。耐候性、耐摩耗性があります。
 水性の塗料すなわち水性ペイントは、家庭塗料の主要品として種カ市販されていますが、特別の油などを使用する必要がないので、危険性がなく気軽に使用できます。正式には合成樹脂エマルジョン塗料といって、合成樹脂をコロイド状に液体化した塗料です。前にもめべましたが水が蒸発した後は、コロイド状の微粒子が残って皮膜になります。これは下地の上に微粒子の層ができるということで、油性ペイントのような化学変化による強固な皮膜とは少し異なりますが、日常の使用には十分でしょう。多少の通気性があります。
 酢酸ビニールエマルジョン塗料、主として室内の壁などに使用します。
 アクリル樹脂エマルジョン塗料、内外部の壁や浴室の壁などに使用できます。厚塗り用のものがあり、左官材との中間の塗材もあります。乾いてしまえば相当の耐水性があります。
 栗やラッカー、ラッカー用のウスメ液を使用します。火薬の原料のニトロセルローズを溶かしたもので、引火性がありますから扱いには注意して下さい。透明な硬い皮膜ができ、床や家具などに塗ります。
セラックニス、普通ラックニスといっているもので、印度の昆虫の分泌物をメチルアルコールで溶解したものです。ワニスと同じ使い方をしますが、皮膜が硬くて耐水耐熱性があります。壁紙や塗装工事の下地の汚れや釘の鰐などに塗っておくと、汚れが表面にまで出てきませんので便利です。
 塗料の中には隠蔽、彩色のほかに、特殊な用途をもったものがあります。すなわち防錆塗料、防カビ剤入りのもの、殺虫性のあるもの、防火性のあるものなどです。必要に応じて塗料店で相談してみますと、目的に合ったものが手に入ることがあります。

住まい暮らし生活
瑕疵担保責任について/ 瑕疵担保の期間/ アフターサービス基準/ アフターサービス工事/ アフターサービスとアフターケア/ 住まいの構造と現象/ 基礎の故障と補修工事/ 地盤について/ 在来工法の木造住宅の構造と現象/ 床や壁際に現れる現象と補修工事/ 屋根の構造と材料/ 屋根で現れる現象と補修/ 軒裏に現れる現象と補修工事/ 雨樋に現れる現象と補修工事/ 外壁に現れる現象と補修工事/ 外壁について/ 住宅の内装で現れる現象と補修工事/ 住宅の床に現れる現象と補修工事/ 建築材料について/ アルミサッシや雨戸で現れる現象と補修工事/ アルミサッシについて/ 室内の開口部と建具に現れる現象と補修工事/ 内外塗装で現れる現象と補修工事/ 塗料の種類/ 雨漏りの点検と補修/ 住宅の維持管理/ 住宅の補修工事/ 住宅の防湿/ 住宅の防虫/ 増築工事/ 住宅の結露/ 住宅の断熱/ 住宅の通気/ 風の性質/ 住宅の防災/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク