雨漏りの点検と補修

 雨漏りの現象は、部屋の天井や壁際からポタポタ水滴が落ちてくるもの、染みのみが見えるもの、音だけで水滴や染みが見られないものなどがあります。最近では各部分に断熱材が入っている場合が多いので、ポタポタ漏るというのが少なくなりました。したがって水滴も見えないし染みもない、というものもありますから油断はできません。
 雨漏りの原因やその個所については、現象を見つけた時の点検の方法や補修工事について少しのべてみます。

スポンサーリンク

 雨漏りの原因となる個所は現象を見た所の上部にあるのが普通ですが、屋根面からの原因は比較的少なく、一階の雨漏りが二階の壁のしかもだいぶ離れた所に原因がある、というような場合もありますから、点検については広範囲に注意を向けて下さい。
 雨漏りのもとばかりでなく、流れてゆく先の方にも注意を向けて下さい。長年の雨漏りを知らないでいて、土台等の腐朽が進んでいることもあります。
 雨漏りの個所は雨中に点検するに越したことはありませんが、場合によっては雨が上った後の方がよい時もあります。外壁や屋根面など、廻りが乾いていても濡れている所があれば、そこがもとの場合が多いのです。
 建具の閉め忘れや屋根裏の換気孔からの雨の吹込みで、天井や部屋の床を濡らすことがあります。
 雨漏りとまちがえられやすい現象に、水仕舞いの不良や、結露水の流れがあります。冬季、雨天でもないのに濡れている個所があれば、結露を疑ってみるべきでしょう。
 天井裏でポトポト音はするが外を見ても雨は降っていないという時、断熱材のない屋根の鉄板にできた結露の流れの場合があります。
 雨が漏った時の雨量や風向などをおぼえておいて、次の点検や補修の時の参考にして下さい。風の向きや雨量の少ない時は、漏れのない場合もあります。
 雨漏りが始まった時ただちに修理をしてもらいたいのは人情ですが、雨中での補修工事はほとんど不可能といってよいでしょう。濡れていてはコーキング材も流れてしまいますし、原因も確かめることができない場合があります。
 家具等にカバーをかけて、晴れるのをまって下さい。 補修の一番簡単な方法は、コーキング材や防水テープで隙間を塞ぐことですが、二、三度の使用で効果がない時は根本的な工事が必要です。コーキング材を安易に使用して、それでよいとしてしまうのは本当ではありません。

住まい暮らし生活
瑕疵担保責任について/ 瑕疵担保の期間/ アフターサービス基準/ アフターサービス工事/ アフターサービスとアフターケア/ 住まいの構造と現象/ 基礎の故障と補修工事/ 地盤について/ 在来工法の木造住宅の構造と現象/ 床や壁際に現れる現象と補修工事/ 屋根の構造と材料/ 屋根で現れる現象と補修/ 軒裏に現れる現象と補修工事/ 雨樋に現れる現象と補修工事/ 外壁に現れる現象と補修工事/ 外壁について/ 住宅の内装で現れる現象と補修工事/ 住宅の床に現れる現象と補修工事/ 建築材料について/ アルミサッシや雨戸で現れる現象と補修工事/ アルミサッシについて/ 室内の開口部と建具に現れる現象と補修工事/ 内外塗装で現れる現象と補修工事/ 塗料の種類/ 雨漏りの点検と補修/ 住宅の維持管理/ 住宅の補修工事/ 住宅の防湿/ 住宅の防虫/ 増築工事/ 住宅の結露/ 住宅の断熱/ 住宅の通気/ 風の性質/ 住宅の防災/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク