住宅の防虫

 住宅内に棲息して建物に害を加える生物は、大は鼠から小は腐朽菌までその数は想像以上の種類があります。
 いまその中の関東地方でよく知られている、白蟻の中のヤマトシロアリや、ラワン虫といわれているヒラタキクイ虫、また、畳に発生するケナガコナダニ等についてのべて見ます。
 これらについては製薬会社の説明書などにも詳しく書かれていて、改めて説明するまでもないくらいですが、いま住宅の維持管理の面から取上げて見ます。

スポンサーリンク

 六月の雨の上った翌日の午前、浴室の木製の敷居の間とか、庭の朽ち木の根本などから、霧のように立ち昇る羽の生えた虫を見かけることがあります。これがヤマトシロアリの分家活動です。
 新しいカップルを中心にした集団の移動です。分家ですから本家の方はいぜんとしてもとの巣に残っていますので、この方の警戒はもちろん必要ですが、新しい方は一体どこへゆくのでしょうか。
 彼らが求める新しい住みかとはどのようなところなのか。それは温度と湿度が適当な木材の中ですが、そのような木材はまた腐朽菌の繁殖に適している所でもあるのです。そして腐敗した木材、特に松材が放つ臭いが白蟻を呼び寄せます。造成したばかりの敷地では地中の松の根や木材などが残っていて、湿気で腐敗し、それが白蟻を誘引したり、彼らの住み家ともなります。
 床下にある木片や外壁の横に積んである残材、また床東が直接地面に接している所など、早く処理しなければならないのもこのためです。
 このようにヤマトシロアリは木材の腐敗する状態の所に棲息し、腐朽菌と同居するような形にもなりますので、木材のそのような状態を防ぐことがまた白蟻の予防にもなるわけです。
 昔から土台に檜やひばなどを使用しているのは、それらの材木は腐朽に強いとされているからですが、特にさわらなどは白蟻を死滅させる力をもつといわれています。また、土台には芯持材、すなわち木材の中心に近い材木を使用するのがよいとされていますが、これは強度の関係ばかりでなく、芯材の外の部分は虫害を受けやすいからです。今日ではそれらの木材が少なくなって、かわりに薬液で処理した用材が多く使用されています。もっともこれらも完全とはいいきれませんので、やはり不断の注意は必要かと思います。
 ヒラタキクイ虫は俗にラワン虫と呼ばれていて、今日では北海道にまで棲息しているといわれています。用材となったラワン材やナラ材等に取りつく害虫で、ラワン材に幼虫として巣喰っているのが多く見つかるので、その名前がつけられた次第です。
 毎年五、六月頃ラワン材に産卵し、翌年五、六月頃成虫となって、本の表面に黄色の粉を落しながらでてきます。でてきた成虫は交尾して、またただちに同じ木材に卵を生みつけます。
 成虫は夜行性なので、日中は物影や材木の割れ目などに潜んでいてなかなか目につきませんが、粉の落ちている附近を探すと発見することがあります。
 虫がでてきた本の穴は素地の色をしていますが、ラワン材には廻りが青黒くなった小さな穴をよく見かけることがあります。この穴はラワンがまだ生木の時に原産地で別の虫に喰われたもので、ヒラタキクイ虫とは別のものです。
 生態の周期は産卵から成虫になるまで約一年間幼虫としてラワン材の中で生活し、そしてまた産卵、幼虫、成虫と繰り返すのが普通です。成虫の行動範囲はたいして大きくなく、穴からでてきた附近で産卵ということになります。したがって、同じ木材に何代でも幼虫が棲みつき、気がついた時にはその被害が大きくなっていることがあります。
 ラワン虫の好むラワン材は湿度が一六%以下で、あまり湿気の多いものや乾燥しすぎのものは嫌われるようです。ラワンの木材の外周に近い澱粉質を含んだ辺材が好まれ、芯材には澱粉質がないので産卵しません。
 したがって用材としてのラワン材は辺材をよけたものや、防虫剤で処理したものを使用すれば一番ですが、現実にはなかなか実行するのがむずかしいようです。
 防除法としては、成虫そのものはたいして丈夫な虫ではありませんが、見つけた時は産卵が終っていて粉だけ見る場合もあります。その場合薬剤を穴に注入したり、穴の廻りに塗布したりしておきます。最近は塗料兼用の薬剤も出ています。
 ただ、数年の間虫の周期を繰り返したものは材料の中が空洞化していたり、ドアの骨組や造作材などが喰い荒されていたりするものは、薬剤ではまに合いませんので、全面的に取替えるより仕方がないでしょう。
 竣工してその年の梅雨の頃に畳の表面などを見ますと、何種類かの微細な生物が動いているのに気がつくことがあります。
 ケナガコナダニはこのうちの一つですが、発生の状態がちょうど米糖をこぼしたように畳の繰にでてくるので、はじめは生物とは気がつかない場合があります。
 この虫は畳床の藁の芯の栄養分を食料として、畳の湿度二〇%くらい、気温二五度以上の時に発生します。新しい薬の養分を食べつくしてしまうと発生がとまります。したがって翌年には出ないのが普通です。このダニはチーズなどに発生するものと同じですが、たいていは人間には害がないとされています。ただこのダニを喰べにきたりカビに集まるツメダニや、その他の虫が人間の皮膚を刺すといわれます。
 防除の方法としては、新薬を一年貯蔵してダニを発生させてしまった後のものを使用するか、乾燥を十分にした薬を使用するしかないようです。いったん発生した場合は、薬で消毒しても畳床の中まで薬剤が届きませんし、乾燥させても芯までなかなか乾かないので、早急な駆除は困難です。そのままがまんすれば来年は発生しないのですが、あまり多くて気味が悪い時は、畳を取替えるよりほか仕方がありません。

住まい暮らし生活
瑕疵担保責任について/ 瑕疵担保の期間/ アフターサービス基準/ アフターサービス工事/ アフターサービスとアフターケア/ 住まいの構造と現象/ 基礎の故障と補修工事/ 地盤について/ 在来工法の木造住宅の構造と現象/ 床や壁際に現れる現象と補修工事/ 屋根の構造と材料/ 屋根で現れる現象と補修/ 軒裏に現れる現象と補修工事/ 雨樋に現れる現象と補修工事/ 外壁に現れる現象と補修工事/ 外壁について/ 住宅の内装で現れる現象と補修工事/ 住宅の床に現れる現象と補修工事/ 建築材料について/ アルミサッシや雨戸で現れる現象と補修工事/ アルミサッシについて/ 室内の開口部と建具に現れる現象と補修工事/ 内外塗装で現れる現象と補修工事/ 塗料の種類/ 雨漏りの点検と補修/ 住宅の維持管理/ 住宅の補修工事/ 住宅の防湿/ 住宅の防虫/ 増築工事/ 住宅の結露/ 住宅の断熱/ 住宅の通気/ 風の性質/ 住宅の防災/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク