住宅の結露

 住宅の内部で発生する水蒸気の量は、浴室や台所から出るものをはじめとして、暖房用や炊事用に燃焼する灯油や都市ガスから出る水蒸気や、人間の身体から発散するものまでを合計すると相当な量になります。冬季はことに部屋をしめきって使用しますので、水蒸気の逃げ場がありません。
 この水蒸気が部屋の廻りの冷たい壁やガラス面に接触すると、壁やその周囲の低い気温で冷やされて飽和しきれなくなり、水滴となって壁面に附着します。この現象を結露といいます。
 結露の現象は、冬季ばかりでなく他の季節にも起ります。空気中の湿度が高くて接触する相手の温度が低い時、すなわち露点以下になっている場合がそれです。たとえば、浴室の天井や壁などは顕著な例ですが、他の部屋の壁や天井にも多少ですが見られる現象です。
 次に結露の現われる主な場所と、その現象を考えて見ましょう。

スポンサーリンク

 いうまでもなく住宅の内部で結露の一番発生する場所は、使用時の浴室およびその周辺の洗面所等の部屋です。浴室内の気温が多少高くても、浴槽などから発生した水蒸気量を室内の空気がすべて含むことはできませんので、飽和量以外の水蒸気は湯気となって浴室内に立ちこめます。
 また天井や壁面には仕上げ材として、タイルやアスベストボード等の吸湿性の少ない硬質の材料を使用しています。すなわち熱伝導のよい材料を表面に張ってありますから、壁面は室温よりつねに冷えているのが普通です。したがって、浴室は季節に関係なく結露を生じやすいということになります。
 要するに浴室内ではいかにしても結露はまぬがれることはできないのですから、室内の仕上げの材料や工法も結露を考慮した防水性のものにすべきです。浴室の空気が浸入する隣りの壁や天井も同様です。
 また、水蒸気を含んだ空気は普通の空気に蒸気圧が加わるので圧力が高く、わずかな隙間からでも浸入します。これは次にのべます構造体内部や隣室の壁の結露の原因ともなりますので、水仕舞いの項やその他の項でのべたように、天井や壁の表面の材料は気密性の高いものを使用し、隙間は完全にコーキングをしておいて下さい。
 台所では、調理の湯気や給排水等による湿気の割には、壁や天井に附着する結露があまり見られないのは、換気扇の使用やコンロ台の熱によって室温が高いことなどによるものと思われます。
 しかし、流し台下の収納市などが湿っぽいのは、排水管を流れる水によって市内の温度が下っていること、空気の換気が悪いことなどによる結露が原因です。収納庫の扉は時々開けて中を乾燥して下さい。
 浴室や台所の真上の屋根の屋根裏には下から昇る水蒸気で、野地板の裏面や鉄骨に結露を見ることがあります。冷たい雨の降る日や積雪のある日は特にいちじるしいようです。天井に断熱材が敷いてある場合は、断熱材自体に結露をしたり濡れたりする場合も起ります。
 冬季には浴室の壁の構造体内部に浸入した水蒸気はそこで結露を生じ、隣りの部屋の壁面にまで浸透したり、壁体内の保温後援のない結水管や鉄骨部分の結露水は、下に流れて土台の腐朽の原因になります。また、壁体内の通気のため、部屋側の壁が冷え結露を見ることがあります。
 鉄骨の柱やコンクリートの壁、金属サッシの部分は、外部の冷気を直接部屋の中へ伝え、柱の型の結露を見たり壁の汚れをきたします。これを冷(熱)橋といいます。以上の例は他の個所、たとえば天井面にもいえることです。

住まい暮らし生活
瑕疵担保責任について/ 瑕疵担保の期間/ アフターサービス基準/ アフターサービス工事/ アフターサービスとアフターケア/ 住まいの構造と現象/ 基礎の故障と補修工事/ 地盤について/ 在来工法の木造住宅の構造と現象/ 床や壁際に現れる現象と補修工事/ 屋根の構造と材料/ 屋根で現れる現象と補修/ 軒裏に現れる現象と補修工事/ 雨樋に現れる現象と補修工事/ 外壁に現れる現象と補修工事/ 外壁について/ 住宅の内装で現れる現象と補修工事/ 住宅の床に現れる現象と補修工事/ 建築材料について/ アルミサッシや雨戸で現れる現象と補修工事/ アルミサッシについて/ 室内の開口部と建具に現れる現象と補修工事/ 内外塗装で現れる現象と補修工事/ 塗料の種類/ 雨漏りの点検と補修/ 住宅の維持管理/ 住宅の補修工事/ 住宅の防湿/ 住宅の防虫/ 増築工事/ 住宅の結露/ 住宅の断熱/ 住宅の通気/ 風の性質/ 住宅の防災/

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク