借家の雨もり

家主は借家の使用に必要な修繕をする義務を負っているので、借家が傷んで雨もりするような場合、借家人は家主に修繕を要求できます。この家主の修繕義務は軽減する特約があったり、家賃が不当に安いような場合を除いて、たとえば天災によって損害が生じたとしても免除されません。修繕義務は借家の使用に必要な限度にとどまるとされているので、借家の使用の妨げにならない程度の損傷では、修繕義務は生じません。具体的にいえば借家で住めないか住むことに著しい支障がある場合でなければ、修繕義務は生じません。雨もりについては普通の雨で雨もりがなければ、借家の使用に格別の支障をきたさないとされ修繕義務は認められません。家主が修繕義務を負うのにもかかわらず、修繕をしない場合には、修繕義務の不履行を理由として、損害賠償の請求または賃貸借契約の解除ができます。また借家人は修繕義務が果たされない間、借家の使用が不十分な程度に応じて家賃の支払いを拒むことができます。つまり、使用が全くできないときは家賃の全額の支払いを拒むことができ、使用が妨げられただけのときはその割合に応じた家賃の一部の支払いを拒むことができます。借家人が自分で借家の修繕をしたときは、修繕にかかった費用を家主からもらえることになります。家主がこの費用を借家人に払わない場合は、賃貸借契約が終わっても、借家人は借家を留置することができます。なお、家主の修繕が借家の保存に必要なときは、修繕することは家主の権利でもあるので、借家人は家主が修繕することを認めなければなりません。また、修繕しなければならないときは借家人はそのことを家主に知らせる義務もあります。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク