借家の増改築

借家に住んでいて、その借家を借家人が増築したとします。この場合、増築部分の所有権は借家人か家主かどちらにあるでしょうか。民法では不動産の所有権はその不動産に附合した物の所有権を取得しますが、附合した物が権限に基づいて附属させられた物であるときは、その附属させた者の所有のままになると定めています。附合とは、ある物が不動産にくっついてしまって、独立性を失ってしまうことをいいます。建物の増改築の場合には、マンション1室のように区分所有権の対象となりうるものを除いて、独立性を失い附合するとされています。附合があると、その増改築部分は建物の所有者つまり家主の所有となります。ところが、権限に基づいて増改築した場合は、増改築部分の所有権は借家人にあることになります。もっとも家主の承諾を受けないで増改築した場合はもちろん、家主の承諾を受けた場合でも、附合する以上は増改築部分は家主の所有になります。この借家の増改築の場合、増改築部分に独立性がないでしょうから、増改築部分の所有権は家主にあります。ただ、家主の所有になるとしても、増改築部分の費用を家主が支払わなければならないとして、借家人の利益も保護されています。なお、建物の増改築の他に、所有権を異する数個の動産がくっついていてその物を壊さなければ分離できない場合や、分離するのに多大な費用がかかる場合も附合があったとされます。この場合、附合してできた合成物は数個の動産のうち一番価値のある動産の所有者のものになります。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク