マンションの水漏れ

水漏れ事故は中高層住宅にはつきものともいえます。マンションにおける水漏れ事故には、その形態からみると次ぎの2通りがあります。1つは、住民の不注意な行為によるもので、ついうっかり水道の水を出しっ放しにしたため、水が溢れさせ階下の住人に損害を与えてしまった場合などがその例です。この場合に、不注意な行為をした住民が損害を賠償すべきことは当然です。もう1つは、建物の欠陥によるものです。床スラブに亀裂があったり、排水管に欠陥があったりしたために水漏れが発生したような場合がその例です。民法によると、土地の工作物の設置又は保存に欠陥があり、このため他人に損害を与えた場合は、まず占有者が責任を負い、占有者が損害の発生を防止するために必要な注意をしたときは、所有者が責任を負うとされており、この所有者の責任は無過失責任と考えられています。したがって、欠陥が占有部分にあれば、通常その占有部分の所有者が責任を負い、欠陥が共用部分にあれば、共用部分の所有者、つまり区分所有者全員が責任を負うことになります。そこで、欠陥が建物のどこにあるかがわからない場合はというと、マンション法によれば、建物の設置又は保存の欠陥により他人に損害を与えたときは、その欠陥は共用部分の設置又は保存にあるものと推定するとされています。つまり、その欠陥が特定の占有部分の設置又は保存にあることを証明しない限り、区分所有者全員が責任を負うことになります。なお、水漏れ事故の原因が工事上のミスによる場合は、分譲業者が売主としての瑕疵担保責任を負うことになります。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク