引越し準備

引越しが決まったら、引越先の家の正確な間取り図を作りましょう。それから現在の家具などの配置を決めます。これが決まらないと家具などの搬入先を記入した荷札が付けられません。同時に引越し用具の点検をします。軍手やガムテープ、ビニール紐、ダンボール箱、新聞紙、ポリ袋、荷札シール、エアーマット、ハサミや使い古した毛布などです。家具の中でも梱包運搬方法が一番むずかしくて困難なのが台所の細々とした食器や小物類、壊れやすいガラス類です。その対策にはエアーマットなどが便利です。これは空気の粒が無数にあるポリエチレンのシートで、これに包めば食器やガラス類も、多少の衝撃や振動が伝わっても割れません。荷造りのコツはダンボールの箱を使いこなすことです。エアーマットで梱包した食器類は、ダンボール箱にぴったり詰めます。隙間は新聞紙などで埋めましょう。ガラスや陶器などの小物類は、梱包がすんだら同類のものをポリ袋に入れて箱詰めにします。書籍や衣類、壊れにくいものの場合は、少々の隙間なら気にしなくてもよい。衣類などもポリ袋に入れると汚れる心配がありません。引越し先ですぐに使う湯のみやヤカン、お茶の葉、掃除道具、工具などは、すぐに出せるようにダンボール箱に特別の目印を付けておきましょう。ダンボール箱が満杯になったら、テープとストッパーがセットになった梱包用タイパックで十文字で結束するか、ガムテープでしっかり止める。持ち運び用の穴が箱にない場合は、カッターなどで作っておくと便利です。また、その箱の引越先のどの部屋へ運ぶのか、荷札に記入しておくことも忘れずに。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク