欠陥マンション

分譲マンションの最上階にある1戸を手に入れたが、入居後間もない頃から、ちよっと激しい雨が降ると天井から雨漏りするようになった。このような場合はどうしたらよいのでしょうか。まず、売主の瑕疵担保責任を追求することが考えられます。瑕疵担保責任は売買目的物に隠れた瑕疵がある場合に売主が負う責任です。隠れた瑕疵とは、世間並みの注意を用いても発見できないような物質的な欠陥があることをいいますが、欠陥といえるかどうかは、売買価格に見合う程度の品質や性能を備えているかどうかで判断されます。そこで今回の場合は住宅である以上、雨露をしのげるというのは最低限度要求される性能です。今回の場合は入居後すぐに雨漏りがしたので屋上の防水機能に欠陥があると考えてよいでしょう。したがって売主たる分譲業者に対して次ぎの請求をすることが可能です。
損害賠償の請求
契約の解除
これは、欠陥がひどくて修繕不能といった場合のように、欠陥があるために売買の目的を達成することができない場合に認められるものです。瑕疵担保責任を追求できる期間は、民法では真実を知った日から1年以内とされていますが、宅地建物取引業法では、これを建物の引渡しの日から最低2年以上とする特約をすることが認められています。このため、実際には瑕疵担保責任の期間は建物引渡しの日から2年とされているマンションが大部分なので注意する必要があります。アフターサービスの特約があれば、これに基づいて欠陥部分の補修を無料でしてもらうことも可能です。アフターサービスは、一定の期間であれば、あらかじめ定めた基準に従って分譲業者が買主に対して欠陥部分を無料で補修するとしています。瑕疵担保責任とは別個の売主の契約上の債務です。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク