他人の土地の通行

自分の土地が他人の土地に囲まれているため、他人の土地を通行しなければ、外の公道に出られないことがあります。このような公道に通じていない土地のことを袋地といいますが、民法では袋地の所有者が周囲の他人の土地の通行を認めています。同様に池、川、海によらなければ他へ通じえないとか、崖などがあるため公道との高低が著しい土地の所有者も周囲の他人の土地を通行できます。ただし、他人の土地を通行できるといっても、どこを通行しても、またどんな通行をしてもかまわないというわけではありません。通行権を有する者のために必要で、かつ通行する土地のために損害が最も少ない場所や方法を選ばなければなりません。この通行権は、袋地や準袋地の有効な利用を図るためみとめられているものですが、通行する土地の所有者の受忍も最小限にとどめておく必要があるからです。通行権者は、必要があるときは、障害物を除いたり、砂利を敷いたりして、通路を開設することができます。もちろんその費用は、通行権者が負担します。なお、他人の土地の通行権を有するのは、袋地等の所有者だけでなく、地上権者や対抗力を有した賃借人も含まれます。また所有者も、所有権登記を経由しなくても、通行地の所有者又はこれにつき所有権を有する者に対して通行権を主張することができます。通行権が認められるのは、公道に全く通じない場合だけでなく、公道に一応通じてはいるが、その経路や幅員が袋地の利用に適しない場合も含まれるとされています。また、かろうじて人が歩行できる道があるとしても、はなはだしく迂回するため、とうてい日常生活の利便に堪えないときにも通行権が認められています。
土地の買い方ガイド

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク