カーペットの掃除

カーペットに汚れやシミがついても、簡単に取り替える訳にはいきません。カーペットは決して安いものではなく、敷き直すともなれば大変な労力も必要です。毎日の手入れは、カーペット用の手動掃除機などで丁寧に取り除くこと。そして週に一度は、電気掃除機をかける。敷き詰めでない場合は、カーペット裏のフローリングの埃も取り除く。さらに、天気の良い日を選んで、月に一度はふき掃除をしましょう。少量の洗剤を熱い湯に溶かした液に雑巾を浸し、硬く絞って、力を込めて拭きます。拭き終わったら、窓を開けて風通しをよくし、乾燥させる。これでカーペットは見違えるようにきれいになります。食事の時、醤油やソースをこぼした場合は、中性洗剤を溶かしたお湯に布をつけて拭き取る。油類の時は、お湯、酢、洗剤の順番で拭き取って乾燥させる。卵の時は、布に冷たい水を含ませて、こすり取る。跡が残った場合はベンジンで拭き取る。コーヒーの場合は、汚れた部分にぬるま湯をそそいでコーヒーを薄める。それから中性洗剤を溶かした湯をつけて拭き取る。砂糖やジャムの時は、中性洗剤を溶かしたお湯で拭き取る。それでも落ちない場合は、ベンジンを使って拭き取る。汚れやシミは時間が経てば経つほど落ちにくくなる。見つけた時には後回しにせず、その場ですぐ取り除くことが肝心です。また小さな焼け焦げは、焦げた部分をブラシでよく払い、オキシフルをつけた歯ブラシでブラッシングすると、目立たなくなります。穴の空いた焼け焦げは、家具の裏などの同じカーペットの目立たない部分からそぎとった繊維を、焦げ穴に詰め込むことで目立たなくすることができます。焦げて変色した繊維をカッターナイフやハサミなどできれいに取り除き、次ぎに別の部分から、長めに出したカッターの刃を寝かせて繊維をそぎとる。焦げ穴に木工用接着剤を注ぎ、集めた繊維を毛だまにしてつまようじなどで埋め込み、平らにする。毛足の長いウールのカーペットやループ状のカーペットの場合、同色の毛糸をカットして埋め、ハサミで長さをそろえたり、ループ織りに似せて埋め込むとよいでしょう。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク