ダニ対策

完全に掃除した家でもダニは必ずいます。日本には1000種類以上のダニが生息し、どれほど掃除した家でも、埃1gの中にチリダニやコナダニが200匹以上はいるようです。チリダニやコナダニは人間を刺しませんが、ツメダニは、人間や犬猫に寄生して血を吸い、「かゆみ」の原因を作る。またチリダニやその死骸、フンなどはアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎、喘息を引き起こす原因となります。ダニが発生、生息に適した条件は、気温が20度から30度で、湿度が60%から80%。ダニの食糧となる埃やフケ、髪の毛、カビ、などがある。畳やカーペット、家具の裏などに埃が溜まっている。ダニは埃の中に潜り込んで産卵します。ダニ対策の基本的な考え方は、こうした環境をつくらないことです。室内の換気をよくして湿度や温度を下げ、こまめに掃除をして埃を溜めないようにする。どの部屋も1日1度は窓を開いて換気をする。ふとんの入った押入れは、窓を開いて扇風機で風を送るとか、除湿器を使うなどして、湿気をためない工夫をする。夏場のふとんは大量の汗を吸収しているので、頻繁に天日干しする。普段は使わない客用寝具も天気の良い日には干しましょう。干上ったふとんは裏表に掃除機を掛けて、ダニの死骸や卵、フンなどを除去します。取り込むときに叩くと、呼吸の際にダニの死骸を吸い込んでしまうばかりか、細かくなったダニのフンや死骸が繊維に入り込んでしまうので叩かずに取り込む。どうしても天日干しが出来ない時は、ふとん乾燥機で乾かすだけでも効果があります。和室の畳の上にカーペツトを重ね敷きするのは、湿気が何時までも取れず、ダニ増殖の好条件を作る事になります。晴天の日にはカーペットをはがし、畳を上げ、直射日光にさらした後、畳にも床にもカーペットにも、丁寧に掃除機を掛けましょう。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク