家具の移動

季節が変わる頃に、部屋の模様替えをしようとして一番困るのは家具の移動です。重い家具の移動は並み大抵のことではありません。さらに、家具はもちろん、畳やフローリングの床を傷つけないように注意しなければならず、力のないお年寄りや、若者が1人での家具の移動など不可能です。しかし家具移動用の道具もあり2枚1組のスキー板のような道具もあるようです。床や畳に面した方は滑りやすいようにフッ素樹脂で、家具を乗せる面は、乗せる家具が傷つかないようゴムでできています。これを使えば、家具は簡単に移動できます。では、道具のない場合はどうするか。ダンボールや古いゴザを利用しましょう。タンスを押して傾け、タンスの手前側と床の間にわずかな隙間を作り、そこにダンボールを押し込む。タンスの背と壁の間の隙間がなくて、タンスが傾けられない場合は、タンスの横に回って押し傾け、次ぎに反対側に回って押し傾け、少しずつ移動して壁とタンスの背の間隔を広げて行く。こうしてタンスの下の奥まで、できるだけ段ボールを押し込んだら、タンスを放して段ボールを力いっぱい引き、タンスを移動させる。注意することは、段ボールをタンスの奥まで押し込むことです。そうすると移動するときのタンスの揺れが少なくなります。それでも揺れがなくなるわけではないので、割れやすいものや、貴重品など傷付くものはあらかじめ取り出しておきましょう。重過ぎて動かない場合はタンスの中身を出して軽くしてから引きましょう。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク