キッチンの掃除

キッチンの汚れの特徴は、油汚れです。毎日の積み重ねでガンコにこびりついた汚れを苦労して掃除するよりは、汚れたら拭く、使ったら洗うなどの基本的な手入れを毎日こまめに続けるほうが、結局は労力が省けます。分かってはいるのですがなかなか頻繁にもできず、気づいたときにはこびりついているものです。では掃除するには、掃除の手順は、ここでも高いところから、換気扇にコンセントが付いている場合は電源を抜いて、フィルターやファンを取り外す。取り外したネジ類は、紛失しないよう1箇所にまとめておく。カスレンジについても、ガスの元栓をしっかり閉めたら、魚焼き用グリル、受け皿など外せるものは全部外す。次ぎに大きな容器に40度くらいのぬるま湯をはり、発砲酸素の働きを持つ洗剤を溶かした溶液を作ってフィルター、ファンなどの油汚れ類を入れ、浸け置きする。換気扇の枠やガス台、回りの壁の油汚しは、古い油汚れは1度では落ちないので、ペーパータオルなどで洗剤を吹き付けたものを、汚れの上に吹き付けたものを、汚れの上に貼付けてしばらく置く。ガスの元栓部分などは、掃除しにくい場所を古歯ブラシを使って掃除する。洗剤液に浸けておいたファンなどは発砲酸素の効果で、ヘタベタした油汚れが浮き上がっているので比較的簡単に汚れが落ちます。それでも残る汚れは、細かい部分を傷付けないよう注意しながらたわしで軽くこすり落としましょう。幅の狭い溝の汚れなどは古歯ブラシを使って落とすと良いでしょう。受け皿などは、大きな鍋などでグツグツ煮て汚れを溶かす方法もあります。コンロの火を直接当てて、汚れを焼き切るという方法もあります。緩んだ汚れはナイフの背などでこすると比較的簡単に落ちます。換気扇の枠やガスレンジ回り、壁にこびりついた汚れは、ペーパータオルに洗剤を吹き付けたもので、汚れはほとんど取れますが、それでも取れない汚れは、高い所から順番に、直接油汚れ用洗剤をスプレーする。しかし電気部分にスプレーすると故障の原因になるのであらかじめ養生してから行ないましょう。それでもまだ落ちない汚れには、洗剤付きのポリエステルたわしなどがあります。やわらかい素材なので、ガス台などの金属部分も傷つけずに洗えます。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク