窓、網戸の掃除

網戸や出窓の掃除はとても面倒です。特に取り外しのできない網戸の掃除や、格子付き出窓の掃除は難しい。網戸掃除の基本は、網戸を片側から、力を込めて強く拭かないことです。網戸の網はどんなに強く張ってあっても強く拭くと網が伸びてしまいます。かといって網が伸びないよう、そっと拭いても、埃が反対側へ行くだけできれいはなりません。そこで、最初は掃除機で網戸の埃を取る。反対側に新聞紙を当てるとよく取れます。次に洗剤をつけた布で、網戸の両側から同時に挟むように拭く。網戸が外せない場合は、両側から挟み拭きができないので、バケツ半分の水に住宅用洗剤を入れ、その溶液に新聞紙やペーパータオルなどを浸し、網戸にぴったりと密着させるように張る。網戸の縁にかかる位に張れば万全です。新聞紙は溶液に浸すと破れやすいので1枚ずつ処理して張る。この新聞紙を網戸の両側へ張る。こうして5分間以上放置すると、洗剤が汚れに浸透します。後は網戸の上段から新聞紙を丸めてそっと拭く。最後は固く絞った濡れ雑巾で、洗剤を拭き取る。これで網戸掃除は完璧です。出窓は外に出て掃除できない出窓に便利な道具が、窓のタイプやサイズに合わせて柄の長さを調整でき、格子付出窓にも対応できる伸縮自在なT字形窓拭き、スクイージーです。T字形窓拭きの先端のスポンジに、水がたれない程度にしみ込ませて、窓をスポンジ部分で軽く拭く。このスポンジ面が窓の汚れを浮かせ、下に付いているゴムの面がそれを書き落とすのです。窓ふきの基本は上から下へ拭くこと。出窓などのように外から拭けない場合は、上から順番に真横に拭いて行き、全部終わったら、横側に集まった埃を上から下に拭くときれいになります。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク