トイレの掃除

トイレ掃除は汚れの少ない所から始めて、便器の外側、床、便器の内側と汚れのひどいところへ進んで行きましょう。用意するのはゴム手袋、トイレ用洗剤とクリームタイプのクレンザー、ナイロンたわし、トイレ用ブラシ、雑巾など。ゴム手袋は手元で折り返しておくと、洗剤が流れ伝わってきても腕につくこともなく便利です。トイレの床は埃が溜まりやすく尿の飛び散りによる汚れも付着しやすい場所です。ふき掃除の前に、しっかりと掃除機で吸い取っておきましょう。トイレ掃除の一番の問題は便器の黄ばみと水あかです。手洗い器は水が穴から流れ落ちる水受け部分に、水垢がこびりつきます。これは、クリームタイプの洗剤をナイロンたわしに浸けて、水垢部分をゆっくりとこすると表面を傷つけることなくきれいに汚れが落ちます。洗剤がタンク内に残っていると故障の原因になることがあります。洗剤は小量ずつ、渇いたナイロンたわしを使って水垢を落としたら、残った洗剤を固く絞った雑巾でよく拭き取るようにする。便器の外側から床の掃除は、トイレ用洗剤を水で薄め、1%程度の液体を作り、そこに雑巾を浸して固く絞る。その雑巾でタンクの蓋から拭き下ろして行く。次ぎに便器の蓋や便座を持ち上げて拭き、それから便器の外側、床へと順番に掃除して行く。便座の取り付け部分は汚れが溜まりやすいので注意しましょう。最後は便器の内側です。上からは見えにくいのですが、水の流れ出る穴の周囲に、黄色く変色した水垢が幾層にも溜まるケースが多いです。このような汚れは、洗剤の原液を直接振り掛け、柄のついたブラシでこすり落とす。しかしきれいに落ちない場合もあります。黄色い水垢はアンモニアを主成分とする汚れです。そこで、ブラシに適量の酢を振り掛けてこするときれいに落ちます。酢の酸が汚れを分解するからです。耐水性の紙やすりでこすり落とすという方法もあります。黒ずんで見える汚れも、水垢が付着したものです。ナイロンたわしにクリームタイプの洗剤を付けてこすると傷つかずに落ちます。この研摩によって、しつこい黄ばみや黒ずみも効果的に落とすことが出来ます。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク