和室の掃除

畳や障子など、和室の掃除は乾拭きとはたきかけが基本。畳を掃いたり掃除機をかけるときは、畳の目に沿って行ない、畳の目に入り込んだ埃をかき出すようにする。畳は頻繁に水ぶきすると、汚れがとりにくくなるだけでなく、傷みがはげしくなり、畳本来のツヤをなくしてしまいます。汚れが目立つ時は、住宅用洗剤を薄め、固く絞った雑巾で拭く。このとき必ず畳の目にそってふくようにし、雑巾の汚れが畳に付かないように注意する。その後、湯ぶきをし、さらに空ぶきをして湿気をとってから風を通して十分に乾かす。最近の畳は藁床ではなく、発砲スチロールやボードを使った物が多くなりました。昔のように畳をあげて外に干す習慣もなくなりつつありますが、年に1度くらいは畳をはずして、裏側の埃を取り除き、室内で風に当てたいものです。障子の桟には埃がたまりやすいので、普段からはたきややわらかいブラシなどを使って埃を払っておくようにしましょう。はたきは上から下に向かってかける。ふき掃除をするときには、軍手雑巾などが便利です。ふすまや障子の滑りが悪いときは、敷居の汚れを歯ブラシなどでかき出し、雑巾で拭き取った後、シリコンスプレーを吹き付けた雑巾や布で敷居を拭くと、滑りが良くなります。押し入れは湿気がたまりやすく、カビやダニの温床になりがちです。晴れた日にはふすまを明け、風を通すようにしたい。押し入れの湿気対策としてよく知られている方法にすのこの使用があります。床だけでなく、壁面にも立て掛け、固定しておくとなお効果があります。衣替えの季節にはふすまを外して中のものを全部出し、掃除機をかけて洗剤拭きをしましょう。カビを見つけたら、消毒用エタノールで拭いてから空ぶきをする。湿気を残さないよう、扇風機で風を送るなどして乾かしてから押入れに戻しましょう。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク