浴室の掃除

浴室の湯あか退治とカビ予防には、蒸気で汚れがゆるんでいる入浴後の掃除が一番。最後に入った人が床や壁にシャワーでお湯をかけ、スポンジでこすり、冷たい水をかけたあと、渇いたタオルでふきとるようにすれば、洗剤の使用は3日に1回で十分です。バスタブや洗面ボールにこびりついた湯垢は、放って置くと落ちにくくなる。タイルの目地も、一度カビが生えてしまうと、なかなか落ちずに苦労します。だからといって、スチールウールなどの固い物で無理に落とそうとすると、タイルや合成樹脂製のバスタブにキズを付けてしまうので気をつけましょう。カビが生えてしまったら、まず消毒用エタノールか液体クレンザーを使う。タイルの目地やドアのゴムパッキンなどは歯ブラシでこする。それでも落ちない場合は塩素系漂白剤を使用する。目の高さより高い所にスプレーするときには、漂白剤が自分に掛らないよう気を付けましょう。ただし、金属製バスタブには塩素系漂白剤の使用ができないので注意が必要です。同様に浴槽小物類の金属部分も塩素系に弱い。人間の手も塩素系に弱いので、ゴム手袋をすることも忘れずに。また、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤を混ぜて使用すると、塩素ガスが発生して危険です。浴槽の掃除は、換気をしながらするのが基本です。給水栓や洗面ボール、シャワーヘッドの金具と穴、排水口とその回りの黒いぬめりは風呂用洗剤、重曹などを使い、歯ブラシで磨いて落とす。目詰まりしたシャワーヘッドは、お酢を加えた湯にしばらくつけておくと良いでしょう。その後は、縫い針で穴をつついて水垢を取り除く。目詰がひどい場合は、シャワーヘッドの散水板をはずして、内側をクリームクレンザーをつけた歯ブラシでこする。最後に、排水口にパイプ用洗剤を振り掛け水を流せば、悪臭も消えます。掃除が済んだら、渇いたタオルで拭き取ることをお忘れなく。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク