住宅ローン

不動産の購入の際は住宅ローンを利用するというのが一般的です。住宅ローンの法的性質は、有償の金銭消費賃借ですが、融資の主体方法により、いろいろな種類があります。住宅金融公庫などの公的機関が行なうものもあれば、銀行、割賦販売会社、住宅金融専門会社など民間機関が行なうものもあります。融資方法としては、提携ローン、非提携ローンの2つが代表的なものです。提携ローンとは、個人の信用力と担保力に建設業者、不動産会社などの信用力と担保力を加えて金融機関が資金を供給することにより、個人への宅地や住宅の販売を促進するものです。この場合、金融機関と業者が提携契約を結び、提携業者が購入者の連帯保証人となります。非提携ローンとは、不動産の購入先を特定しないで個人の信用力と物件の担保力によって金融機関が資金を貸付けるものであって金融機関の通常の融資業務の一環です。この方法はローンを受ける条件として一定期間預金などをするか否かによって積立型と即時融資型の2つのタイプに分けられます。そのほか割賦販売方式によるものや抵当証券によるものがありますが、いずれの住宅ローンを利用するにせよ、融資限度額、返済の期間と方法、金利、担保、保証人などの点を十分検討して無理のない返済計画を立てましょう。最初の契約を結ぶときには目的物の大きさ、引越しの時期等が定まっておらず、一定期間その代金を積み立てた後に目的物の給付契約をもう一度結ぶという積立式割賦販売では、利用者保護のため積立式宅地建物販売業の許可制度、積立金等の保全措置、積立条件等の事前説明、契約締結後の書面の交付、目的物等の確定前における契約の解除に伴う損害賠償等の額の制限などが積立式宅地建物販売業法によって定められています。また宅地建物取引業法も業者自らが売主となる宅地建物の割賦販売契約の解除等の制限規定を置いています。

住まい暮らし生活

      copyrght(c).住まい暮らし生活.all rights reserved

スポンサーリンク